痩せる食べ物

食材の比率「2:5:3」で痩せるダイエット方法のやり方

2019年2月7日

  1. HOME >
  2. 痩せる食べ物 >

食材の比率「2:5:3」で痩せるダイエット方法のやり方

2019年2月7日

ダイエットに成功する人、失敗する人の違いは「黄金比率」にあるのかもしれない。

モデルのさおちさんも挑戦した「253ダイエット方法」と呼ばれるものがある。いったいどのようなダイエットなのだろうか?

比率を重視した253ダイエット方法とは

さおちさんはダイエットをはじめた。そのダイエットには食事制限を伴うものだったのだが風の日も雨の日もダイエットを続けた。そしてようやくダイエットを終える日を迎えたのだ。

「え?」

彼女は気づいた。

「ふ・太ってる!?」

食事制限をしながらダイエットをしたさおちさんだったのだが、ダイエットを辞めたことで反動により太ってしまったのだ。食べられないストレスを大きく感じていたのだろう。リバウンドだ。

彼女は考えた。なにかよい方法はないものか?無理をしない食事でダイエットはできないものか?そして生み出された「2:5:3」。この比率を守ることで痩せることができたのだ。

さおちさんは半年間のダイエットを続けた結果、76kgあった体重が47kgへ。-29kgの脅威的なダイエットに成功をした。

では、2:5:3とは具体的にどのようなものなのだろうか?それが次にあげられる。

  • 2 炭水化物
    ⇒ 米・パスタ・うどん など
  • 5 野菜
    ⇒ 野菜・キノコ・海藻 など
  • 3 肉類
    ⇒ 肉・魚・貝類 など

この比率さえ守ればいくらでも食べてよい。「いくら」といっても寿司のことではない。そしてあくまでもダイエット中だ。過剰な摂取は控えよう。

スポンサード リンク

2:5:3の比率で痩せる理由

では、なぜこの比率を守ることで痩せることができるのだろうか?

2:5:3の比率は食事のバランスを最大限に引き出した黄金比率になる。食事バランスは重要だ。栄養素がバランスよく身体に入ることで内臓機能の活動が活発化しやすい。

黄金比率を守ることにより基礎代謝量があがる。そして体内の筋肉量が増えることで消費エネルギーも増大。その結果、痩せやすい身体にすることができるのだ。

肉類

肉類は肉に含まれるアミノ酸が肌の組織を形成する。皮膚の保湿性を高めることができる。またシミ・シワを抑制する効果もある。

【関連】牛肉の部位とカロリーの特徴で痩せるダイエット方法

野菜

食物繊維により腸内の老廃物を絡めながら体外へ排出する。腸内がきれいになることで蠕動運動が活発化。便秘改善・解消のほか、血流の流れを促進させる。

【関連】「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」食品の違い

炭水化物

炭水化物は身体を動かすエネルギーの源だ。脳を活性化する役割もあるため記憶力の向上にもつながる。ダイエットでは炭水化物を抜く、あるいは減らすことが多いのだが副作用として「イライラ」したり体調が悪くなることがある。身体に負担のかからない摂取量は必要だ。

【関連】糖質ちょいオフダイエット方法のやり方

比率253ダイエット方法の痩せるポイント「やり方」

比率253ダイエット方法を効率よくおこなうにはポイントがある。

  • 食べ過ぎてもよいくらいに野菜を多く使うこと
  • 朝は気持ち少なめのご飯にするように心がけること

肉と炭水化物は少なめに野菜をこれでもかというほど多く食べる。野菜を多く摂ることで満腹中枢を刺激し満足感を維持させるのが狙いだ。

そして野菜の比率「5」に関しての注意ポイントがある。野菜を茹でると縮む。茹でる前はドヤ顔で存在をアピールしてくる野菜たちなのだが茹でることで小さくなる。

ようするに縮んだ状態で比率5にする必要があるということ

【PR】最新型クビンスホールスロージューサー

まとめ 野菜多めの比率に気を付けて食べると痩せる

2:5:3は黄金比率になる。野菜は熱したり茹でたりすると萎れてしまうため、萎れた状態で野菜の比率5にしなければいけない。

必然的に肉類や炭水化物よりも野菜を多く摂取していることになる。

野菜には食物繊維が豊富に含まれている種類が多いため腸内をきれいにすることで便秘解消・改善にも期待ができるダイエット方法だ。食べられないストレスを回避することでリバウンドのリスクを大幅に下げることができる。

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット