痩せる食べ物

ゴーヤダイエットの効能は?痩せる効果的な食べ方

2019年2月7日

  1. HOME >
  2. 痩せる食べ物 >

ゴーヤダイエットの効能は?痩せる効果的な食べ方

2019年2月7日

ゴーヤといえば沖縄県をイメージしやすい食材だ。ゴーヤは別名「ニガウリ」とも呼ばれている。

沖縄県では毎日の食卓に出される勢いなほどゴーヤがメジャー的な存在になるのだが、沖縄県以外では1年でどのくらいのゴーヤを食べているだろうか?

ゴーヤを食べていない人も「ダイエットに効果がある」と聞けば心が動かされるのではないだろうか?

ゴーヤを使ったダイエット方法の効能とは

小さなお皿の上に数切れ乗せられた緑の物体。それを箸でつかみ口の中にいれる。人は思わずこう叫ぶだろう。

「苦い!」

ゴーヤは独特な苦味を持つ野菜だ。噛めば噛むほど強くなるのごとく、噛めば噛むほど苦くなる。しかしこの苦味成分には身体によい効果があるのを知っているだろうか?

  • 血糖値降下作用
  • 脂肪分解
  • 酵素リパーゼの活性化
  • コレステロール値の抑制
  • 代謝促進
  • 便秘解消・改善
  • 筋肉維持作用

もはやダイエットのために生まれた食材なのか?そうなのか?と問い詰めたくなるほどのダイエットに効果的な作用が並ぶ。

問題はこのゴーヤをどのようにして食べるのか?簡単だ。通常の食事にゴーヤを摂り入れるだけ。食事制限もとくにない。

ゴーヤにはコレステロールを減少する作用・代謝を促進させる作用・筋肉を落としにくい作用・脂肪が付きにくい作用などの嬉しい効果がある。また水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれているため便秘改善に期待ができる。

スポンサード リンク

ゴーヤの成分と効果的な食べ方「やり方」

ゴーヤを食べるだけで痩せ体質にする仕組みはその栄養にある。ゴーヤは「皮・実・種」で構成されているのだが、すべての部分に置いてダイエットに効果的な成分が含まれているのだ。

種に含まれる痩せる効果

ゴーヤの種には脂肪燃焼を促進するための共益リノール酸と呼ばれる成分が含まれているのだが、代謝をあげる作用により筋肉が落ちにくくなるのだ。

脂肪を燃焼するには筋肉が必要だ。そしてスタイルをよく見せるためのメリハリボディーにするためにも筋肉は必要だ。ダイエットの成功には筋肉を付けることが重要になる。

皮に含まれる痩せる効果

ゴーヤの皮には植物性インスリンと呼ばれる「p-インスリン」・「チャランティン」という成分が含まれているのだが、血糖の代謝を促進して体内に脂肪が蓄積されるのを防ぐ作用がある。

つまりゴーヤを食べることでダイエットの恩恵を受けたければ「実・皮・種」のすべてを食べる必要があるということ。

「実」を食べることにより痩せる栄養を身体の中に吸収させる。他の食品によるタンパク質などの栄養を「種」が効率よく吸収させることで筋肉をつけさせ脂肪を燃やしやすくする。そして「皮」が他の食材に含まれる脂肪分を身体の外に追い出す。

ゴーヤの効果的な作用

  • 共役リノール酸
    ⇒ 脂肪燃焼
    ⇒ 癌予防
    ⇒ アレルギー予防
  • モモルデシチン
    ⇒ 血糖を下げる効果
    ⇒ 整腸作用
  • ビタミンC
    ⇒ 免疫力アップ
    ⇒ 抗菌作用

【PR】1粒に天然ゴーヤー1本分を100%凝縮して誕生!
LIFEX 糖素減

まとめ ゴーヤに無駄なところはない!

ゴーヤダイエットは食事にゴーヤを加えるだけで痩せる効果が見込めるシンプルで簡単なダイエット方法になる。食事制限をしなくてもすむためリバウンドのリスクを大幅に下げることができるのは嬉しいポイントだ。

ゴーヤは種・実・皮とすべての部分においてダイエット効果があるのだが、種はなかなか食べることが難しい。そもそも野菜やフルーツの種を食べる人はそう多くはない。

種を摂取する場合には、ゴーヤを丸ごと加工したお茶やサプリメントを利用したらよい。効率的なダイエットが可能になる。種をミキサーで砕くことができるなら自分で加工しても問題ない。ただし苦味がある。最初は少量で試してみるとよい。

【関連】お茶ダイエット方法の効果的に痩せる種類とは

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

Copyright© メモルームダイエット , 2020 All Rights Reserved.