痩せる食べ物

ブロッコリースプラウトの栄養は?ダイエットに効果的な食べ方レシピ

2019年3月20日

  1. HOME >
  2. 痩せる食べ物 >

ブロッコリースプラウトの栄養は?ダイエットに効果的な食べ方レシピ

2019年3月20日

スプラウトという言葉を聞いたことはあるだろうか?

「スプライト」に似ている名前なのだがダイエットに効果があるという。スプラウトとは?そして痩せることができる仕組みとは?

スプラウトとは

スプラウトに痩せる効果があるのだが、スプラウトは太陽光などを当てずに野菜を発芽させ、成長するまえに収穫した野菜のことを指している。

野菜は太陽の光でグングン成長するのだが、あえて当てずにそそくさと採ってしまうのだ。いわばスプラウトは野菜の赤ちゃんを意味する。

では、なぜ赤ちゃんの野菜を摂るのだろうか?大きく成長した野菜のほうが食べる部分も増えるはずなのだが?

実は赤ちゃんの野菜は成長させるために健康成分を豊富に含んでいる特徴がある。

これはヒヨコになるために高栄養が詰め込まれている卵のようなもの。野菜スプラウトを摂取することで栄養バランスを整えることができる。その結果、代謝を高める効果が成長した野菜よりも大きくなる。

スポンサード リンク

スプラウト野菜とは

少し掘り下げて見ていこう。

スプラウト野菜とは野菜の赤ちゃんなのだが、具体的には「発芽して3日くらいの若い芽のこと」だ。

ブロッコリー・ルッコラ・ラディッシュ・マスタード・クレス・レッドキャベツ・カイワレ大根・もやしなどは比較的スーパーでも手に入りやすい。

数多くのスプラウト野菜があるのだが、その中でもとくに注目されているのがブロッコリースプラウトだ。

ブロッコリースプラウトはブロッコリーの赤ちゃん。

ブロッコリーといえばお弁当の片隅で主張していないのになぜか存在感の大きいワンアクセントになる食材だ。食感も最高でマヨネーズをつけて食べるのが王道である。

お弁当には欠かせないブロッコリーなのだが、その赤ちゃんであるブロッコリースプラウトには驚くべき栄養が豊富に含まれている。

βカロテン・ビタミンCだけではない。がん予防に効果が期待できる「スルフォラファン」と呼ばれる酵素も含まれている。気になるのは親のブロッコリーと比較してどのくらいの量が含まれているのかということ。

成熟ブロッコリーの7倍、栄養を蓄えているものは20倍以上になる

人も同じだ。若い頃は満足のいく栄養を蓄えることができても、年を重ねるごとに必要な栄養素が少なくなっていく。そのため食事から栄養素を摂る必要がある。肌の老化は典型的な例だ。

動物も植物も多くの栄養を保存しているのは、これから成長するために必要な赤ちゃんのときなのだ。たくさんの栄養が必要な時にスプラウト野菜を食べることで通常の野菜を食べるよりも高い栄養を摂ることが可能になる。

つまり、野菜が嫌いな人でも少量でよい。

不足しがちなビタミン・ミネラル、食物酵素をたっぷり摂取。その結果、効率よく代謝を高めることが可能になり太りにくく痩せやすい体質にすることができる。

ブロッコリースプラウトでダイエットができる理由

ブロッコリースプラウトの高栄養素で身体の代謝を引き上げるため痩せやすい体質にすることができるのだが、最大の特徴は体内で「スルフォラファン」を豊富に生み出すことにある。

スルフォラファンは上記でも触れたのだが、アブラナ科の野菜に含まれるイオウ化合物が体内で変化する栄養素になる。肝臓の機能改善に効果が見込める栄養だ。

肝臓は非常に重要な組織である。代謝・解毒を担う大切な臓器だ。体内の有害物質や老廃物を排出するデトックスに期待できる。

ブロッコリースプラウトを食べて肝臓が元気になるとデトックス機能が高まり身体の中からきれいになり、体内の老廃物などを体外に排出するため、血液の循環が向上することで新陳代謝が活性化される。

全身の機能が底上げされた結果、脂肪の燃焼効率が高まりダイエット効果の他にも美容・健康面でもよい作用を生みだす。

ブロッコリースプラウトのダイエット方法「摂取量」

ブロッコリースプラウトには肝臓の機能を強化し、代謝を上げることで痩せやすい体質にかえることができるとわかった。

では、ブロッコリースプラウトはどのようにして摂取するとよいのだろうか?

スルフォラファンは体内で約3日間は肝臓の機能改善作用を持続させる

つまり、3日1度のサイクルでブロッコリースプラウトを食べればデトックス効果を保つことができるわけだ。毎日食べ続けるわけではないため負担が減る。量は20gでよい。

20gを3日に1回摂取する

ちなみに、ブロッコリースプラウトを摂取してダイエットに挑んだ芸能人がいる。ブロッコリースプラウトダイエット方法に挑戦したのはタレントの虻川美穂子さんだ。

2週間でウエストが98cm→「89cm」と、マイナス9cm減のダイエット効果を得ることができた。

ブロッコリースプラウトの効果「効能」

  • 解毒(デトックス効果)
  • 抗酸化
  • ピロリ菌除去
  • 花粉症抑制
  • 悪酔い軽減
  • メタボ予防
  • 血流改善
  • 冷え性予防
  • 肩こり予防
  • 美肌効果

スルフォラファンを効率よく摂取するには「生のままよく噛んでゆっくりと食べる」とよい。赤ちゃんの栄養をしっかりと吸収できるように味わってゆっくりと噛んでいくのだ。

「赤ちゃん」というと人間の赤ちゃんをイメージしやすい。「赤ちゃんを食べる…」、ホラーな感じになってしまうのだが、野菜の赤ちゃんだ。安心してほしい。

【PR】ブロッコリースプラウト×ブラックジンジャー【食べたい人のキレイDiet!】

まとめ ブロッコリーの赤ちゃんは栄養豊富

ブロッコリーにはスルフォラファンという辛味成分が含まれているのだが、肝臓機能を向上させることでデトックス効果・抗酸化作用・免疫力のアップに期待ができる。

ところでブロッコリースプラウトのカロリーはどのくらいなのだろうか?ダイエットではカロリーの量が重要だ。カロリーが多すぎるといくら栄養が高いとはいえ食べ過ぎは禁物になる。

ブロッコリースプラウトのカロリーは100gに対して13Kcalである。

さすがブロッコリーだ。わずか13Kcalである。これなら安心してダイエットをすることが可能だ。ブロッコリーの赤ちゃんには痩せるためのすごい効果がある。

【関連】ケトジェニックダイエット方法の効果的なやり方

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

Copyright© メモルームダイエット , 2020 All Rights Reserved.