痩せる食べ物

糖質制限ダイエットは危険?筋肉量が減る失敗のリスク

2019年3月20日

糖質制限ダイエット方法は一世を風靡したダイエット方法になる。しかし痩せる人と痩せない人の差が大きいためにこれまで様々な賛否の声にあふれている。

そんな糖質制限ダイエット方法なのだが、内臓脂肪に詳しい池谷先生は「糖質制限・炭水化物抜きをしている人は注意が必要」だと話す。

いったいどういうことなのだろうか?

実はその理由に「大病にかかった時に、生還率が低くなる可能性が高くなるため」だとあげているのだ。

せっかく痩せることができたのに病気になると治らない確率が高いという。糖質制限ダイエットは正しいやり方で行うと効果的なのだが、間違えたやり方だと危険のリスクが高まる。見ていこう。

糖質制限ダイエットの失敗でサルコペニア肥満の危険

正しい糖質制限ダイエット方法は、炭水化物を食べないぶん「たんぱく質・脂質などで必要なエネルギーを補う」やり方になる。

間違えたやり方は、糖質抜きで不足したエネルギーに加え他の栄養も摂らなくなるダイエットだ

必要な栄養が身体に入らないことで新型肥満に陥る。糖質抜きで不足したエネルギーに加え、他の栄養も摂らない食生活をしていると新型肥満を招いてしまう恐れがあるのだ。

新型肥満は「サルコペニア肥満」とも呼ばれている。

いったいどのような肥満を指しているのだろうか?それは、筋肉の中に脂肪が入り込み筋肉が縮小することで引き起こされる肥満だ。はっきりいってメタボよりも怖い肥満になる。

メタボは脂肪がどんどんついてくる太り方になるのだが、サルコペニア肥満は筋肉が縮小されることで起こる肥満だ。筋肉が減りながら脂肪が増えると痩せにくい身体になるどころか免疫力が落ちる。

すると様々な病気になりやすく、歩くだけでもすぐに疲れる身体になるのだ。さらにきれいな身体に見えることはない。筋肉がないことで病気のようなガリガリでやせ細った体型に見える。

これはマズイ。

ダイエットは健康的で魅力あふれるきれいな身体が理想にある。ダイエットをして病気になりたい人はまずいないだろう。いるとするならそれは治験者くらいだ。筋肉が減ることでダイエットの理想とはかけ離れた姿になってしまう恐れがある。

これはマズイ。

寝ていたために降りるはずだったバス停を通り過ぎて終点まで行ってしまった。そんな感じだ。絶望しかないのである。

糖質制限ダイエットは栄養バランスが大事

糖質制限ダイエットのメリットは次にあげられる。

  • 糖質を制限したらタンパク質・脂質はお腹いっぱい食べても問題ない
  • 種類にもよるのだがお酒を飲んでも大丈夫

糖質制限ダイエットのデメリットは次にあげられる。

  • 炭水化物を食べないと力が出ない
  • イライラしてしまいやすい
  • 医師の多くが糖質制限に対して否定的な意見を持っている

では、なぜ医者の人たちは否定的な意見を持つ人が多いのだろうか?その理由に長期に渡る臨床データがない・安全性に科学的な根拠がないことをあげている

逆にいえば確率されたデータが集まれば「効果あり」として認められることになる。糖質制限ダイエット方法をしている人は多くいるのだが、科学的にはもう少し時間がかかりそうだ。

サルコペニア肥満のチェック方法

糖質制限ダイエット方法で間違えたやり方をすると筋肉量が少なくなることでサルコペニア肥満を発症する恐れがあるとわかった。

では、現在のその身体はサルコペニア肥満ではないのだろうか?まずはそこをチェックすることが大切だ。

症状を把握しておかなければ、カレーを作ったのに出来上がったらシチューが出来ていたという訳の分からないことになりかねない。しっかりとした情報を自分の中で確立することが大切だ。

筋力が弱っているのかどうかを確認する方法は簡単だ。

  1. 靴下を片足で履けるか試してみる

驚くほど簡単である。早速試してみよう。

どうだろう?「シュッ!」と履くことができただろうか?それとも「フラフラ」して履くことが難しかった人はいないだろうか?中には転倒してしまった人もいるかもしれない。

言い忘れていたのが転倒の危険があるため広い場所でやろう。

靴下を履くときによろめいたら筋力が弱まっている可能性がある。サルコペニア肥満の人は靴下を片足立ちで履くことが困難なのだ。

「ギクッ!」としたら次の方法も試してみよう。サルコペニア肥満に陥ってる確認の確率をあげる。

  1. 両手でバランスを取りながら片足立ち
  2. 30秒維持する

どうだろう?

30秒間ぐらついたり足を地面につけなければ問題ない。筋肉量は保たれている。

このチェック方法でサルコペニア肥満の疑いがあると判断したのなら、まずは糖質制限ダイエット方法のやり方が間違えている、または体質に合っていない可能性があるため中止する。

バランスのよい食事に切り替えて運動をしながら筋肉量を戻すことが重要だ。

そして再びチェックをしよう。以前よりも問題なければ正しい糖質制限ダイエット方法を慎重におこなっていくとよい。または他のダイエット方法を探すのも手だ。

【PR】医師とベンチプレス記録保持者のW監修!話題のサプリが日本に上陸!

まとめ 筋肉を減らさないダイエットが重要

サルコペニア肥満は筋肉が少なくなってしまう。筋肉が減るときれいな体型は維持されず病気にもかかりやすい。

ダイエットはきれいに痩せることが大前提になる。そして、そこには健康でいる必要があるのだ。

【関連】ケトジェニックダイエット方法の効果的なやり方

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット