痩せる食べ物

チーズのカロリーは太る?ダイエットに効果がある選び方と食べ方

2019年5月15日

トロトロトロトロ~トロけだす~チーズは多くの人が好きな食材になる。パン・ピザ・ケーキではお馴染みだ。

しかしチーズはカロリーが高いイメージがあるためダイエット中には遠ざけてしまいやすい食材でもあるのだが、実際はダイエットに役立てることができることを知っているだろうか?

チーズは太る?チーズダイエット方法のやり方

とろけるチーズを食パンに乗せてレンジでチン!そして口の中に入れる。口の中ではとろけるチーズのハーモニーが広がり、口の外では伸びるチーズが綱渡り。至福の時間である。

チーズはカロリーが高いと言われるためダイエットの天敵だとしている人も少なくない。しかしチーズは栄養価に優れている食材だ。

チーズダイエット方法は、3食のうち1食を栄養豊富なチーズに置きかえることで食事量を減らすやり方になる。実に簡単なダイエットだ。1食だけをチーズに置き換えるだけでよい。

チーズダイエットの効果・効能とは「栄養素」

チーズには100gの中に牛乳6本分と同じカルシウムが含まれていることを知っているだろうか?牛乳を6本飲むよりも遥かに効率よくカルシウムを手にすることができる。

小さい頃に「大きくなるために牛乳を飲みなさい!」と言われた人も少なくない。別に牛乳を飲んだからといって大きくなるわけではない。普通に栄養を摂るだけで人は大きくなる。カルシウムは骨を強くする栄養素だ。チーズは牛乳よりも簡単に骨を強くできる。

カルシウムだけではない。チーズに含まれるタンパク質は満腹感を満たしてくれる。ピザは満腹感を感じやすいのだが、ピザにトッピングされているチーズが満腹感を誘う1つの原因でもある。食べ過ぎを防止することにつながる。

さらに必須アミノ酸・ビタミンB2・Aが豊富に含まれているため、便秘・肌荒れの改善に効果がある。ビタミンB2は美肌を生む栄養素だ。細胞を活発化して綺麗な肌を作る働きをしてくれる。ちなみにこの栄養素は内臓脂肪が減る可能性があることが最新の研究で発表されている。

極めつけはチーズの脂肪分は、ほとんどがすぐに消化される特徴を持つことだ。

  • 牛乳6本分に相当するカルシウム量
  • 満腹感を感じやすい
  • 便秘改善・解消
  • 肌荒れ防止
  • 美肌効果
  • 内臓脂肪を減らす
  • 腹持ちがよい
  • 脂肪分の消化が早い

このようにチーズには豊富な栄養とその栄養によりダイエット効果につながることがわかる。

チーズダイエットの注意点、カロリーに気を付ける

チーズはカロリーが高いイメージがあるのだが、本当にカロリーは高いのだろうか?

6Pチーズの1個が82kcalほど。

やはりイメージ通りでカロリーがそこそこある。食べ過ぎるとすぐにカロリーオーバーになりかねない。その点は注意が必要だ。

腹持ちがよい栄養価の高いチーズはダイエットに向いているのだが、油断をして食べ過ぎると太る原因になる。

チーズにも種類がある。チーズの知識を増やしてダイエットに活かすことが重要なダイエットともいえそうだ。

チーズの種類「選び方」

  • カッテージチーズ
    … 味はあまりしない。低カロリーが特徴
    … 100g/105kcal
  • モッツァレラチーズ
    … 弾力がある。ピザなどでよく聞くチーズの名前なのだが想像していたよりも低カロリー?
    … 100g/250kal
  • カマンベールチーズ
    …熟成しているチーズだ。ワインと一緒に食べることが多いチーズ
    … 100g/310kcl
  • クリームチーズ
    … 生クリームやクリームなどと混ぜるチーズになる。柔らかいのが特徴だ。チーズケーキやパンに塗ったりする
    … 100g/346kcl

まとめ チーズの選び方と過食には気を付ける

一概にチーズといっても使い道で種類もかわればカロリー量もかわる。

その料理にはどのくらいのチーズが含まれているのか?そしてカロリーはどのくらいなのかを把握しながら摂取することが大切だ。まずは1日1食をカロリーの低いチーズに置き換えて試してみるとよい。


チーズ(楽天市場)

【関連】ケトジェニックダイエット方法の効果的なやり方

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット