有酸素運動「運動」

便秘解消は「ビール+うつ伏せごろ寝体操」のやり方が効果的!

2019年1月10日

  1. HOME >
  2. 有酸素運動「運動」 >

便秘解消は「ビール+うつ伏せごろ寝体操」のやり方が効果的!

2019年1月10日

便秘は辛いものである。これが解消できるとしたら、人はどれほどの幸福に包まれるのだろうか?

お腹がスッキリしない…。現代人の3割が悩んでいると言われる便秘。そんな便秘解消に効果的な飲み物があると言う。いったいどのようなものなのだろうか?

それは「ビール」である。

女の子に多い便秘はビールで解決できるというのだ。ビールといえば仕事帰りのリーマンたちが居酒屋で飲んでいるイメージが強い。彼らのお腹はタプタプに膨れている場合も多い。「ビール腹」と呼ばれているものだ。

本当にビールで痩せるのだろうか?見ていこう。

便秘解消に効果的な飲み物はビール!

適量のビールは胃酸の分泌を促して「ガストリン」というホルモンの分泌を促す。胃腸の動きが活発になり消化がよくなる。問題は「適量」だということ。飲み過ぎては意味がない。意味がないどころかマイナスに働く可能性が高い。

アルコールの適量はどのくらいなのだろうか?

350mlの缶を1本程度。そしてビールを飲むタイミングは「夕食」がベストになる。最初の1杯を空腹のときにクッと飲むのが効果的だ。ビールはカロリーが高い。飲み過ぎないように気をつけよう。

ビールを子どもは飲めない。大人専用の便秘解消になる。子どもでも便秘になる人はたくさんいるのだが、その場合にはハチミツ牛乳がオススメだ。

ハチミツ牛乳の作り方レシピ

  1. 牛乳にハチミツをスプーン1杯加える

牛乳に含まれる乳糖、ハチミツに含まれるオリゴ糖はどちらも消化に時間がかかる食材だ。消化に時間がかかると、これまで溜まっていた腸内の余分なものを一緒に体外へ排出しやすくなる。

スポンサード リンク

便秘改善に効果のある「うつ伏せゴロ寝体操」のやり方

便秘を改善する体操として、「うつ伏せゴロ寝体操」がある。フローリングなど床が硬い場所で試してみよう。

  1. 手を伸ばしうつ伏せに寝る
  2. 5~10分うつ伏せになる
  3. 左右にゆっくり5回以上転がる

※1日1回、就寝前におこなう

早いと2~3日で改善する。ゆっくりゴロゴロ転がることで腸内のガスが動くため、腸の動きが活発になる。

ダイエットの成功率をあげるには身体の中に溜まっている不必要な老廃物・宿便などを体外へ排出することが重要だ。余計なものが身体の中に溜まっている状態ではどうしても内臓脂肪・心肺機能の動きが悪くなってしまう。

痩せるためには腸の動きを活発にし蠕動運動を促進させることが大切である。その結果、便秘改善・解消につなげることができる。

【PR】下腹スリムスイングアクティブ
(エクササイズ)

まとめ 便秘はダイエット・健康の天敵

ビールは適量にとどめることが重要だ。ゴロゴロ寝るだけで便秘が解消する。試してみる価値はありそうだ。

【関連】寝る前にハチミツを食べるだけで痩せる効果とは

スポンサード リンク

-有酸素運動「運動」

© 2020 メモルームダイエット