痩せる食べ物

大根おろしの栄養は?ダイエットに効果的な作り方レシピ

2019年2月19日

世の中には星の数ほどのダイエット方法があるのだが、中には過酷なものがある。その反面、優しいダイエット方法も存在する。

比較的簡単なダイエット方法として注目を集めているやり方が「大根おろしダイエット方法」と呼ばれるものだ。大根はおいしい。料理にも利用しやすい食材である。

その大根をわざわざ「おろす」。実は大根をおろすことで初めて得ることができる痩せる成分があるという。いったいどのような効果があるのだろうか?

大根おろしを食べると簡単に痩せるダイエット効果・効能とは

大根おろしダイエット方法のやり方は簡単だ。毎食、大根おろしを食べるだけ

終わりである。毎日の食事に大根おろしを足すだけなのだ。食事制限も特にない。運動も普段通りでよい。しかし身体は痩せていく。もはやホラーの領域に達してしまう勢いだ。

大根おろしのどこに凄い効果が隠されているのだろうか?そもそも大根そのものにもダイエット効果が期待できる栄養素が豊富に含まれている。

イソチオシアネートの栄養素とは

イソチオシアネートと呼ばれる物質が大根には含まれている。口に出して10回言ってみてほしい。

イソチオシアネート

イソチオシアネート

イソチオシアネート

…。

お疲れ様でした。

舌が回らない。うまく言える人はアナウンサーになれる確立48%くらいである。アナウンサーはそう簡単にはなれない。もっと難しい文書が登場する。

しかしそんなことはどうでもよいのだ。ただ単に「言いにくい名前」だということを伝えたかっただけなのだ。

大根を食べると辛味が襲ってくる。これがイソチオシアネートだ。辛味は食べにくいのだがよい効果も得ることができる。

大根そのままでは得ることができない。大根をおろすことによって辛み成分であるイソチオシアネートが生成される

イソチオシアネートは先端部分や皮に多いため、可能な限り皮ごとすりおろすようにするとよい。また、すりおろしてから15分以内で食べること。そして熱が加わると酵素が分解されてしまう。食べるときは熱を加えずに生で食べる。

意外とデリケートなのだ。

イソチオシアネートの効果

  • 活性酵素を無害化にする
  • 脂肪が身体に付くのを予防する
  • 体内の余分な水分を排出する
  • むくみ改善
  • 代謝を向上

素晴らしい。ダイエットには欠かせない痩せる効果のてんこ盛りである。

余計な水分が身体に溜まってしまうとむくみとして現れる。見た目が太ってしまうためダイエット的にもよろしくない。また、余計な水分が含まれていることで体重も増える。

見た目をスッキリさせるにはむくみを改善する必要があるのだ。イソチオシアネートにはそれができる。

アミラーゼの脂肪分解

大根にはアミラーゼと呼ばれる成分が含まれている。

「アミラーゼ」は実に言いやすい名前である。アミラーゼがどのような働きをするかといえば、炭水化物の代謝を促す。

炭水化物は脂肪に変換されやすい。そのため炭水化物を減らす人がいるのだが、減らしたことで必要なエネルギーが不足。その結果、イライラするなどの情緒不安定な状態に陥りやすくなる。

アミラーゼがあれば身体に脂肪が蓄積しにくい状態にすることが可能だ。アミラーゼはデンプンを分解する酵素になるのだ。ダイエットの強い味方になる成分である。しかし食べ過ぎては意味がない。気をつけよう。

リパーゼの脂肪燃焼

脂肪が身体についている。その脂肪を落とさなければ痩せない。そこで活躍する成分が大根に含まれている「リパーゼ」。

リパーゼは脂肪の分解を促進する活性酵素により脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれる。つまりリパーゼの効果が高まっている状態はチャンスだ。このときに運動をすることで脂肪を効率的に減らすことが可能だ。

食物繊維の腸内洗浄

食物繊維はもはやダイエットの定番である。食物繊維が体内に入ることで腸内にある食べカス・老廃物などを絡めとりながら下へ進むことができる。

また水分を取り込む性質もあるため、便に適度な水分を含ませることで排出を促す効果がある。カッチカチの便は出口までいくのが大変なのだ。

「カッチカチやぞ!カッチカチやぞ!ゾックゾクするやろ?」

勘弁してほしい。カッチカチでは困るのだ。便秘につながってしまう。

「悔しいです!」

水分が入ることで通りがよくなる。腸内が綺麗になることで身体の循環が向上する。すると代謝も上がりやすくなる。脂肪が燃えやすい環境をつくることができる。

【関連】「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」食品の違い

大根おろしダイエット方法の食べ方

  • 皮のまま食べる
  • 加熱しない
  • 冷やし過ぎない
  • 1日最低300g~
  • ダイエット期間は2週間~
  • すりおろしてから15分以内に食べる

大根おろしダイエット方法に挑戦した人は、早い人で2週間後に効果を実感できるとしている。ダイエット方法は星の数ほどあるのだが、どのダイエット方法が自分に合うのかを見極める必要がある。

大根おろしダイエット方法では少なくても2週間は続けてみよう。普段の料理に大根おろしを加えるだけである。無理のないやり方だ。

【PR】最新型クビンスホールスロージューサー

大根おろしの痩せる効果がアップする作り方レシピ

大根おろしには痩せる効果があることがわかった。その効果をさらに高める方法がある。効果を感じることができなかった場合には試してみるとよい。

大根おろし+はちみつ+ヨーグルトを加える

大根おろし単体でも痩せる効果はあるのだが、ヨーグルト1食分にはちみつ+大根おろしをそれぞれ大さじ1ずつ加えて食べる。

ハチミツとヨーグルトにも高いダイエット効果があるのだが、大根おろしと掛け合わせることで大きな効果につながる。トリプルで宿便にアプローチをかけていく。便秘に苦しんでいる人は試してみる価値だ。

よく噛むこと

すりおろした大根は喉の奥へ流しやすい。しかしあえて噛むようにして食べるとよい。噛むという動作は満腹中枢を刺激する。

満腹感を感じることで暴食・過食を防ぐことに期待ができるのだ。30回は頑張って噛むようにしよう。口の中へ入れるスピードが遅いと血糖値の急上昇も防ぐことができる。血糖値の急上昇は脂肪がつきやすくなる原因になるためゆっくりと食べることは大切だ。

まとめ 大根をおろすことでダイエットができる

大根おろしで痩せる効果のある成分は、高い温度・低い温度では活発化しないと言われている。人の口の中で体温に近い温度に上げることで効果的になる。

大根を思い出してほしい。純白に輝く畑の美肌である。「大根足」と揶揄されることもあるのだが、その効果は真逆である。大根おろしを食べることで美脚にすることができるのだ。

【関連】生大根ダイエット方法の簡単で効果的なやり方

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット