痩せる知識

扇風機で痩せるダイエット方法とは

2019年4月17日

  1. HOME >
  2. 痩せる知識 >

扇風機で痩せるダイエット方法とは

2019年4月17日

扇風機は便利な機械だ。エアコンが登場する前から広く使われていた。エアコンが普及をしている現代においても、夏の暑い日には扇風機を回す家庭も少なくない。

電気代の面からみても扇風機が有利だ。

それだけではない。エアコンには決してすることができない特技を扇風機は持っている。一度はしたことがあるのではないだろうか?扇風機の前に座るとなぜかこう言いたくなる。

「あああぁぁあ"あ”あ”あ”あ”あ”あ”」

エアコンには決して真似することができない扇風機ならではの楽しみである。この扇風機がダイエットに効果があるというのだ。いったいどういうことなのだろうか?

扇風機ダイエット方法とは

扇風機を使うのは夏である。夏はダイエットに向いている季節に思えるのだが、それは誤った答えだ。

夏は汗を大量にかきやすいため、身体の毒素を外に出すのには向いている季節なのだが、汗を流すこと、ダイエットで痩せることは「イコール(=)」ではない。

逆にダイエットに向いているのは冬の季節になる。

脂肪を燃やすには熱が必要になるのだが、気温の高い夏は体温維持が楽。カロリー消費をするために必要な基礎代謝が低下しやすいため太りやすいのだ。

人生はそう簡単にはいかないものである。

寒い冬は身体の体温を維持させるために熱を発生させやすい。基礎代謝量がアップする季節になるため痩せやすい。

しかし夏は冬よりも運動量が一般的に増えるため、一概には消費カロリーを比較することが難しいのだが、運動をせずに日常生活を繰り返していると考えると、夏はエネルギー消費が低下すると覚えておこう。

では、夏にダイエットをすることは効率が悪いため秋以降に回したほうがよいのだろうか?

いや、そんなことはない。夏でもダイエットはできる。ようするに気温を下げるとよいのだ。気温が下がると体温を上げることができる。

  • 体温は下げない
  • 気温を下げる

では、どのようにして気温を下げるのだろうか?神様になり地球に大変動を起こせばよいのだろうか?

いや、それは無理な話である。

神様ほどのちからはないのだが、人類は狭い範囲なら気温を自由に変更する技術を生み出した。

エアコンと扇風機だ。

エアコンの問題点

室内を冷やすために便利な機械がエアコンだ。エアコンを使うことで気温が下がるため、基礎代謝を引き上げることができる。

しかしエアコンには問題点がある。

人が本来もっている体温調節機能を低下させる恐れがあるのだ。これは非常にマズイ。体温調整機能が狂ってしまうと、その部屋から出たときにうまく調整ができなくなってしまう。

体温調節機能が低下することで正常な体温を作ることができずに太る危険がある。そもそも健康面からみてもお勧めできない。

さらに経済面でも重くのしかかる。

スポンサード リンク

扇風機が痩せる効果に最適

扇風機は室内にある空気を風にして飛ばす機械だ。つまり室内の温度は変わらないのだが、それがよい効果を生み出す。

だがちょっと待ってほしい。室内の温度は変わらないのに痩せることができる?

ワケワカメになりそうなのだが、扇風機の柔らかい風にあたることで体感温度を下げることができる。暑い日に外に出ると汗がダラダラ流れてくる。しかし風があることで涼しく思うはずだ。このときに体感温度が下がっている。

体温調節機能が働くことで多くのカロリーを消費する。その結果、基礎代謝の向上期待ができる。そのときの湿度により多少の変化はあるのだが、例えば気温28度の場合に秒速1mの風を当てると、体感温度は約23度まで下げることが可能だ。

まとめ 扇風機で体感温度を下げて痩せる

エアコンよりは扇風機のほうが向いているダイエットである。ただし、扇風機の風に当たり続けていると疲労感を感じやすくなる。

また、睡眠中に扇風機を直接あてることで血液の流れが止まり動脈硬化を引き起こす恐れがある。風が強すぎると呼吸困難に陥る危険もあるため注意が必要だ。

【関連】冷え性と低体温の違いとは

スポンサード リンク

-痩せる知識

Copyright© メモルームダイエット , 2020 All Rights Reserved.