痩せる食べ物

四群点数法で痩せるダイエット生活とは【4群食事法】

  1. HOME >
  2. 痩せる食べ物 >

四群点数法で痩せるダイエット生活とは【4群食事法】

ダイエットは辛いものだ。自分では頑張っているつもりでも体重計に乗ると驚愕の事実と対面することも少なくない。

なぜ失敗してしまうのか?

なぜリバウンドをしてしまうのか?

あれほどの辛い時間を耐えてきたのになぜうまく痩せることができないのか?自問自答を繰り返し、出した答えがこれだ。

「も~や~めた!私にダイエットは向いてない!」

気持ちはわかる。人間なんてそんなものなのだ。しかし、そこで踏みとどまらなければ何も変わらない。このままズルズルと行くところまで行くだけである。

ダイエットの種類はなぜ星の数ほどあるのだろうか?その答えは簡単だ。それは、人間の身体や性格がそれぞれ異なるためだ。このダイエットで痩せる人もいれば、そのダイエットで痩せない人もいる。このダイエットを続けることができる人もいれば、そのダイエットでは続けられない人もいる。

痩せられない原因は、ダイエット方法の選択を間違えていた可能性がある。

では、どうしたらよいのか?

痩せられなかった原因の1つにあげられるのは「太るための食生活」にしていたこと。そこで「太らない食生活」に変えてみると痩せることができるかもしれない。

4群食事法、またの名を「四群点数法」と呼ばれるダイエット方法がある。

太らないための4群食事法【四群点数法】とは

身体が太ってしまう大きな原因は、消費量以上の過剰な摂取量があげられる。脂肪を燃やすエネルギーよりも、身体の中に脂肪を取り入れる量が大きくなれば当然、太りやすい。

そこで太らない体質を作るための食事法だ。

これは「四群点数法」とも呼ばれているのだが、名前から察するように4つの群に食べ物を分けるやり方になる。どのような食材を分けるのか?それが次にあげられる。

  • 第1群
    牛乳、卵、チーズなどの乳製品
  • 第2群
    肉や魚、大豆などのたんぱく質
  • 第3群
    野菜や果物、イモ類、海藻やきのこ類
  • 第4群
    ご飯やパン、麺類の糖質類、植物油や脂身(ラード)などの油脂類

分けられた区分にある食材を見ているだけで健康バラメーターが鳴り響く、そんな勢いではないだろうか?見事なまでに食材の区分がされている。ここまで綺麗に分けられていると清々しい気分になってくる。

そう、まるで40人が一斉に大縄跳びにチャレンジして、最初の1回目を飛べた瞬間の気持ちよさだ。50回を目標にして飛び始め、50回目をクリアしたときの喜びは当然なのだが、大事なのは最初の1回目のジャンプなのだ。40人全員の気持ちが一緒にならなければ最初のスタートが進まない。到底50回の目標にも達しないのだ。

40人が最初に飛んだ1回目のジャンプは清々しい気分になる。この清々しい気分になるほどのすっきりとした分け方だ。

1群から4群と分かれているのだが、バランスよく健康に食べることができるのが「4群食事法」になる。


「私、あまり食べていないのに体重が増えるの…」


「あー!わかる!私も!」

「食べてない、食べてない」言ってる人は、実際には裏で食べていることが多い。「最近綺麗になったね!何かしてるの?」、「え?そう?何もしてないよ////」、何もしてないと言いながら裏で努力をしてるパターンと同じだ。

しかし、本当にあまり食べていないのに体重が増えてしまうことも実際にある。

その理由は、身体に必要な栄養のバランスが摂れていないから。エネルギーを効率よく燃焼するための栄養が偏ることで太りやすくなるのだ。

肉・魚にはタンパク質が含まれているのだが、このアミノ酸に、ご飯・パンの糖類がブドウ糖に変わることにより、脳にも必要な栄養素が行き届く。脳が正常に作用することで的確なエネルギー消費を伝達。その結果、代謝が向上しやすい体質を作ることができる。

スポンサード リンク

偏った食事で太る

第4群を見てみよう。

「第4群」には、他の食事群に比べて炭水化物などの高いカロリーが大集合をしている。この区分はダイエッターの天敵ともいうべきエリアである。

血糖値が急激に上昇しやすくインスリンが大量に分泌される関係から脂肪にかわりやすくなる。第4群ばかりを食べると太ってしまうのだ。

4群には美味しい食べ物が集結しているのだが、そこには甘~い罠が潜んでいる。

ダイエットを意識した食事を考えるなら、第4群の食べ過ぎを見直すことが、ダイエットを成功させるための第一歩である。

まとめ バランスのよい食事の目安を四群点数法で見直す

人は年をとる生き物だ。

あの頃は元気に走り回っていた。汗をかくことが楽しかった。「疲れ」という言葉を知らないかのように動き回っていた。

しかし年齢を重ねると「動き」が少なくなっていく。年が上がるにつれて太りやすい体質になっていく。これは動くことが少なくなったことでエネルギーが有り余り脂肪が蓄えられていくためだ。

調整をしながらダイエットを行うことが重要だ。

第1群~第3群は身体を作るエネルギーが詰まった食材となり、第4群は身体を動かすためのエネルギーとなる。バランスよく摂取することで効率のよい健康的なダイエットが可能だ。

【関連】日本人と外国人はダイエット志向が違う!日本人が痩せたがる理由

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット