痩せる飲み物

ホットスムージーダイエットで効果的に痩せる作り方レシピ

2019年1月23日

寒い日は布団から出るのも苦痛を感じてしまう人は少なくない。身体が冷えていると動きたくなくなるのだ。暖かい場所にとどまりたくなる。

そんな寒い日にはホットスムージーを飲んでみてはどうだろうか?

通常のスムージーではなく温めるスムージーだ。ホットスムージーにすることで痩せるダイエット効果が高まる。

ホットスムージーダイエット方法とは

ダイエットはこれまでの日常とは違うことをおこなうため辛くなる。そして辛いダイエット生活の中でバランスのよい食事を摂らなければいけないため食生活においても難易度があがる。

「きつい・・・。もう嫌だ!」

ダイエットを辞めてしまいがちだ。自分ではじめたダイエットだ。ダイエット方法も自分で決めることが多い。ダイエットを辞めてもペナルティーもなければ周囲に何か文句を言われることもない。

ダイエットは辞めやすい環境だ。

ダイエットははじめやすい環境であると同時にいつでも辞めることができる環境でもあるため簡単に諦めてしまいやすい。それならはじめから簡単なダイエット方法にチャレンジしてみるのもありだ。

スムージーは栄養価が高い飲み物だとして社会現象になるほど話題を集めている。栄養をバランスよく取りながら、ダイエットのやり方も簡単で辛くない。無理せずに継続ができるダイエット方法として注目をされている。

芸能界・セレブも御用達である。

グリーンスムージーダイエット方法にチャレンジをしている人も多いのではないだろか?しかし寒い季節には気温が「ガクッ!」っと落ちてしまう。そのときに冷たいグリーンスムージーを飲むと身体を冷やしてしまうのだ。

グリーンスムージーの罠が潜んでいる。

冷たい飲み物を冬など寒い日に飲むことで身体が冷える。冷えはダイエットの天敵だ。身体が熱を発生しにくい状態になる。ようするに脂肪を燃やす効率が著しく低下をしてしまうのだ。

非常にマズイ。

スムージーで痩せる効果が落ちてしまう。基礎代謝が低下する恐れがある。冷えにより免疫力が落ちることで病気にかかるリスクも高まるため健康面でもデメリットが大きい。

何かよい方法はないのだろうか?

簡単だ。「ホット」にしたらよいのだ。スムージーを温めるだけでよい。外気温が低くなる秋・冬・春には可能な限り身体を冷やす飲食は避けたい。そこでグリーンスムージーの代わりにホットスムージーを飲むとダイエット効果につながる。

通常のスムージーには使わない食材を使うことでダイエット効果を高めることができる。ホットスムージーは「生姜・スパイス・白湯」を使用する。

冷水や凍らせた野菜を使用するグリーンスムージーとは別物だ。身体を温める材料で基礎代謝を引き上げていく。

効果的に痩せるホットスムージーの作り方レシピ

ホットスムージーの作り方はとっても簡単だ。

生姜・野菜・バナナなどの果物、抹茶・ゆず・好みのスパイスなど美容やダイエットによいものを選ぶ。そしてミキサーで混ぜ合わせた後に電子レンジで温めたら完成だ。

「材料」

  • 生姜
  • スパイス
  • 白湯
  • 野菜
  • 果物

「作り方」

  1. 生姜などの材料を用意する
  2. ミキサーにいれる
  3. 電子レンジで加熱

材料は自分好みのものを用意しよう。できれば旬の野菜・旬の果物が望ましい。旬の食材はその季節にあう効果を得ることができる。

例えば夏野菜のトマトは身体を冷やす作用がある。逆に冬野菜には身体を温める性質があるのだ。

ホットスムージーは寒い日に身体を温めて代謝をアップさせるのが目的だ。身体を温める旬の野菜・果物を摂取することで効率よくダイエット効果をさらに高めることができる。

まとめ 寒い季節にはホットスムージーを飲む

電子レンジを使って温めることで、混ぜ合わせた後に白湯を入れる手間をはぶくことができるためお勧めだ。

文字通り温かくして飲む新感覚のスムージーである。寒い冬でも身体を冷やすことなく飲めるため注目を集めている。とくに冷え性の人は冷たいスムージーに注意が必要だ。寒くない日でもホットスムージーを飲むと冷えの改善につながる可能性がある。




置き換えダイエットならこの酵素スムージー!【IDEAスムージー 選べる5つの味】




わたしだけのカラダ。わたしだけのスムージー。 パーソナルスムージー【GREEN SPOON】




よくばり美女の新常識!【もぎたて生スムージー】

【関連】グリーンスムージーを飲むと老化する原因と正しい飲み方

-痩せる飲み物

© 2020 メモルームダイエット