痩せる食べ物

MEC食ダイエットの効果的なやり方とは

2020年8月3日

「MEC食」と呼ばれるダイエット方法が話題を集めている。「糖質制限ダイエット方法」を聞いたことがあると思うのだが、なんとこのダイエット方法よりも効果が高いと言うではないか。

ダイエッターとしては聴き逃がせない。

「MEC食」とはどのようなもので、どのようにしたら痩せるのだろうか?気になるやり方を確認していこう。

MEC食ダイエット方法とは

「MEC食ダイエット方法」

名前だけを聞いたらワケワカメだ。磯野家のワカメちゃんも首をかしげるに違いない。「食」という名前が入っているのだが、食べることで痩せるダイエット方法だということぐらいにしか想像が難しい。

「MEC」

実はこの文字には3つの食べ物を指している。

  • 肉 = Meet
  • 卵 = Egg
  • チーズ = Cheese

肉・卵・チーズ、これらの総称であり、その頭文字を取り「MEC(メック)」と呼ぶ。一見すると想像が難しいダイエット方法なのだが、MECが意味する食材がわかると、どういうダイエットなのか想像がついてきたのではないだろうか?

MEC食を考案したのは、沖縄で病院を経営する渡辺信幸医師だ。3つの食材をピックアップした彼は思っているに違いない。

「お肉も卵もチーズも最高ですね♪この食材で痩せることができるのですよ」

しかし考えてほしい。「お肉・卵・チーズ」だ。高カロリーの3トリオではないか?3人トリオで有名な芸人といえば「ダチョウ倶楽部」である。彼らの漫才は最高だ。

A
「何でオレがバンジージャンプ飛ばなきゃいけないんだ!」

B
「それだったら俺が飛ぶよ」

C
「いやいや、それなら俺が飛ぶよ」

A
「…じゃ、 じゃあ俺が飛ぶよ」

B・C
「どうぞどうぞ」

A
「おいっ!」

凡庸性が非常に高いネタであり、彼らを真似て笑いをとった経験もあるのではないだろうか?

しかしそんなことはどうでも良いのだ。ダイエットの話である。MEC食ダイエット方法では「食事法」が痩せる鍵を握るのだが、重要なポイントが2つある。

MEC食ダイエットの効果を得るために失敗しない食べ方とは?

MEC食ダイエット方法には大切な2つのポイントがある。それがこれだ。

効果的な食べ方(やり方)

  • 肉200g、卵3個、チーズ120gを毎日食べる
  • ひと口入れたら箸を置き、30回よく噛んで食べる

糖質を控える食生活をおこなうため、「糖質制限ダイエット方法」に似ている部分もあるのだが、「MEC食」の場合は「制限」ではない。肉・卵・チーズをたっぷり食べることで満腹感を感じることができるところにメリットがある。

人は食べ物を取り入れなければ力が出ない。イライラしてしまう人も多い。糖質制限ダイエット方法は「制限」するため、それを負担に思ってダイエット生活を辞めた人も数しれず。

しかしMEC食は違う。

満腹に食べることができる。これにより糖質などの余計なものを食べなくて済むため、食事制限に対して苦痛を感じていた人は続けやすいダイエット方法になるのではないだろうか。

人間は健康に生きていくために必要な栄養素がある。「5大栄養素」と呼ばれているものだ。

  • 炭水化物
  • たんぱく質
  • 脂質
  • ミネラル
  • ビタミン

この内、非常に重要なのが「たんぱく質」と「脂質」である。この大切な2つの栄養素を効率よく摂取できる食材はないのだろうか?

雪の日も雨の日も嵐の日も考えた。

晴れの日も曇りの日も考えた。

やる気のない日、やる気しかない日も考えた。

そして出した答えが「肉・卵・チーズ」だったのだ。

「肉・卵・チーズをたっぷり食べて 1年で50kg痩せました!」

漫画のタイトルだ。著書の椎名氏は幼い頃から肥満体質だった。なんだか周囲に比べて自分だけ大きいように思えた。30歳を迎えた頃には105kgである。食べ物は美味しかった。辞められない止まらない。食べることが楽しかったのだ。

そして糖尿病になった。

最悪だ。

完全にやり過ぎた。

病院の指示のもと、カロリー制限をした食事と運動でダイエットに励むことを決意する。しかし運動はうまくいかない。そこで自主的にはじめたのが「糖質制限ダイエット方法」。

「これはいける!」

ダイエットをはじめると自分の体重が減りだした。なんだか面白くなってきた。

ところが体重や血糖値は減ったものの、ある日を堺にピタリと効果がなくなってしまったのだ。

「なんで?嘘?なんで!?なんでうまくいかないの!!」

体重がおもうように減らないと、人はどうなるのだろうか?

そう、ストレスを感じる。ストレスからリバウンドとなり爆食を開始。しかしふと我にかえった。

「このままじゃいけない!」

そんな時に出会ったのが「MEC食」だった。MEC食の3つの食材を食べ、一口食べたら30回噛む。ゆっくりとしたペースで食べるようにすると、1年で50kg痩せることができた。100kgから半分の正常値にすることができたのだ。

お見事である。

MEC食ダイエット方法のデメリットとは?

MEC食ダイエット方法には、デメリットがあるのだろうか?

ある。

人生はそんなに甘いものではないのだ。むしろ辛味しかない。

痩せている人がMEC食を実践すると筋肉が増えて体重が増加してしまう可能性がある。筋肉は重いためこのような現象になるのだが、体重の増減が極端に気になるのなら気をつけたいところだ。しかし、筋肉は脂肪を燃焼するために必要な組織になるため、ダイエット面で見ると必ずしも悪いことではない。

問題はコレステロール値が上昇してしまう人もいることだ。

ただ、著書によれば一時的なものになる。半年から1年程度で安定するそうだ。コレステロールは病気に直結するため一応、気に留めて置く必要がある。

また、このダイエット生活では「肉、卵、チーズ」を毎日摂取しなければいけない。つまり、金銭面でお金が必要になるダイエット方法だ。無理をしない程度にとどめておきたい。

まとめ 「肉、卵、チーズ」の良質な栄養素で痩せるダイエット

糖質制限ダイエット方法は食事バランスが崩れやすい。それ故、ストレスになりイライラしてしまう。やる気がなくなることも少なくない。糖質制限ダイエット方法が身体に合わなく、諦めてしまった人は「MEC食ダイエット方法」を試して見ると良い。




鹿児島黒毛和牛こだわりのメス【毎日に、いいにくを。】


卵(楽天市場)


チーズ(楽天市場)

【関連】スローイートダイエット方法でゆっくり食べる3つのポイント

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット