痩せる食べ物

朝スープカレーダイエットの脂肪を燃やす作り方レシピ

  1. HOME >
  2. 痩せる食べ物 >

朝スープカレーダイエットの脂肪を燃やす作り方レシピ

カレーは美味しい。子どもから大人まで幅広く愛され続けている料理だ。インド人も日本でここまで流行るとは思わなかったのかもしれない。

ちなみに、日本のカレーはインドカレーとは違い独自の進化を遂げている。本場のカレーとは少し違うのだ。

そんな日本カレーにはさまざまなアレンジがされている。カレーうどん、焼きカレー、そしてカレースープなどだ。どのカレー料理も美味しいのだが、スープカレーは絶妙に美味である。

スープカレーとは、さらさらとしたスープ状のカレーにご飯を浸して食べるスタイルが特徴になり、発祥とされる札幌ではすでにポピュラーな存在だ。現在では全国に拡がっているのだが、ご飯をいれないバージョンも浸透している。

このスープカレーを朝に飲むことでダイエット効果があると言われている。いったいどういうことなのだろうか?

朝スープカレーのダイエット効果とは?

インド人
「ナマステ~♪わたしインド人、日本のカレーもおいしい。スープカレー、もっとおいしい。」

インド人もビックリの日本カレーである。その中にスープカレーがあるのだが、朝に飲むことでダイエット効果を得ることができる。

人には「基礎代謝」と呼ばれるものがあるのだが、これは生命活動を維持するために、生体側が活動をするときに自動的に使われる必要最低限のエネルギーのこと。

要するに、寝ているだけでもエネルギーを消費する。呼吸をするだけでもエネルギーを消費する。腕をあげたり、足を動かしたり、食べたものを消化したりするエネルギー消費のことだ。

基礎代謝が高ければ高いほど、何もしていなくても消費されるエネルギー量が多くなるため、脂肪を効率よく燃焼させることが可能だ。

つまり、ダイエットに成功するためには基礎代謝量を上げる必要がある。では、どうしたらよいのか?

日中の基礎代謝を高く保つには「朝」が重要だ。

朝の目覚めが悪い人は大変かもしれない。眠たい目をこすりながらのっそりとゆっくりと、摩訶不思議な動物「ナマケモノ」のように起き上がる。脳がまったく起きてくれない。

ちなみに、ナマケモノのウンチは週に1回程度。食べる量も消化器官もゆっくりなためトイレの回数が極端に少ない。

ナマケモノ
「お~は~よ~…ぼ~く~と~…いっ~しょだね…。ぼ~く~も~…ゆっ~くりう~ご~く~よ~。な~か~ま~が~ふ~え~て~…ぼ~く~も~う~れ~し~い…」

これでは脳が目覚めるまでに時間がかかってしまう。脳が目を覚まさなければ臓器も思うように活動ができない。活動低下に伴い脂肪の燃焼効率が落ちてしまう。

これはマズイ。

そこで朝スープカレーの出番だ。朝にエネルギーを作ることで、その後の活動幅に影響を与えることができる。ダイエットができるその秘密は、カレーに含まれる「ターメリック」と呼ばれる「ウコン」に隠されている。

スポンサード リンク

ウコンのクルクミンで脂肪を燃やす

カレーの中に含まれる栄養素の中には、ターメリックがある。これは通称「ウコン」と呼ばれるもので、色素成分の「クルクミン」だ。

クルクミンには脂肪細胞の増殖を抑制する働きがある。それだけではない。脂肪の代謝を促進する効果もあるのだ。

おわかりいただけただろうか?

脂肪を増やさずに、今ある脂肪を燃やす働きがクルクミンにはある。ダイエット中には積極的に摂取したい栄養素ではないだろうか?いや、ダイエット中に限らずに摂取したい「太らない栄養素」である。

また、カレーの中に入っているスパイスには体温を高める作用がある。カレーを食べていると汗をかく経験をしていないだろうか?辛み成分が身体の中に眠る毛穴という穴から噴き出す。

カレーのスパイス効果により身体の代謝が活性化。その刺激を朝にスープカレーとして飲むことで、交感神経の働きを高めることができるのだ。

「はぁ~…、また朝がきちゃった~…、眠たい…、でも起きないと…はぁ~」

そこでスープカレーを食べよう。ごくごくと飲んでいく。

「ヒーハー!目がシャッキ!脳快感!わたし起きたわ!やる気が出てきたわ!ひゃっほー!急いで準備しなくちゃ♪ルン♪ルン♪」

スープカレーの効果は凄まじい…。

職場に行くまでに多少なりとも運動をする。階段をあがったり、道を歩いたり、適度な運動を加えることで脂肪の燃焼効果が効率的にアップする。朝スープカレーを飲んだ後には積極的に有酸素運動をおこなうとよい。

朝スープカレーの作り方レシピ

「材料」

  • 2人分
  • 水… 400cc
  • 市販のルウ… 1.5個
  • 鶏肉… 100g
  • トマト… 1個
  • キャベツ葉… 2枚
  • 粉チーズ… 大さじ2

「作り方」

  1. 沸騰した湯で鶏肉・トマト・キャベツを煮込む
  2. 野菜がしんなりしてきたらルウを加える
  3. とろみが出てきたら粉チーズを入れ完成

まとめ 朝にスープカレーを飲んで運動すると痩せる

朝は代謝が低い状態だ。代謝が目を覚ますまでに時間がかかる。早く目を覚まさせるために朝にカレースープを飲むことで基礎代謝を底上げすることができる。

さらに痩せる効果を高めるため、軽い有酸素運動を取り入れるとよい。朝スープカレーを飲んだ後に公園を散歩すると最高だ。朝の散歩はストレスを発散させる作用もある。気持ちのよいダイエットをおこなうことができる。

【関連】凍結トマトカレーを食べると痩せる効果がある!【作り方】

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット