有酸素運動「運動」

半身浴は効果なし!意味ない理由とは

2019年2月22日

  1. HOME >
  2. 有酸素運動「運動」 >

半身浴は効果なし!意味ない理由とは

2019年2月22日

ダイエットは身体の中をきれいにすることができる。そして代謝をアップさせることで熱を効率的につくり脂肪を燃やしていくことができる。

その1つの方法として効果的だといわれているのが「半身浴」だ。

半身浴はダイエットに効果があるとして長い間、薦められてきた。実際に半身浴をおこなうことで痩せたという人も続出している。その声をうけて口コミが広まりダイエットには欠かせない入浴法になっていた。

しかし最近になり「半身浴では痩せない。効果がない」という声も増えている。しかも医師などから発信されることも多いのだ。いったいどういうことなのだろうか?

半身浴はダイエットに効果なし?意味がない?半身浴のメリット

「半身浴は効果絶大!汗がたくさん出て痩せる!」

「試してみたけど体重が減ってびっくり!」

これまでに多くの雑誌・テレビなどで半身浴は紹介されてきた。その多くが絶対的に効果があるとしていた。しかし最近では真逆である。180度真逆の意見だ。

これまで半身浴ダイエット方法に挑戦してきた人はショックを隠せない。その中でも本当に半身浴で痩せた人は「え?あの体重が減ったのはなんだったの…?」と頭がプチパニックを起こしているかもしれない。

人生はワケワカメである。

東京都市大学教授の早坂先生は語る。「半身浴はダイエットに効果がない」と。気になるのはその理由だ。むしろその理由を早く知りたい。

半身浴は全身浴に比べて消費カロリーが少ないから

なるほど。全身浴はお湯に身体を浸けている部分が多い。半身浴は上半身がお湯の上にある状態だ。では、消費カロリーを見てみよう。

  • 全身浴の消費カロリー …2.8kcal
  • 半身浴の消費カロリー …1.6kcal

なんてことだ。全然違うではないか。1.2kcalほどの差が出てしまう。塵も積もれば山となるである。お風呂はほぼ毎日入るものだ。数日入らないだけで周囲から「くっさ!」と言われかねない。

お風呂に入ってリフレッシュをするのだが、毎日半身浴で入るよりも全身浴で入るほうがダイエット効果が高いことになる。

しかし思い出してほしい。

半身浴をすることで汗がダラダラと流れる覚えがないだろうか?全身浴のときよりも多く汗が流れている気がする。

「気がするだけ」である。

半身浴で汗をかいて痩せている気持ちになるのだが、お風呂からあがったあとに水を飲むことで元に戻る。そもそも全身浴でも汗をかいているのだが、お湯に浸かっているため汗の量がわかりづらいのだ。

つまり、半身浴においてカロリーそのものはあまり消費をしていない。ダイエット目的で半身浴をするなら全身浴のほうが効率がよいというわけだ。

そもそも半身浴のはじまりは心臓に負担がかからないメリットがあるため入浴法が生み出された。身体が弱っている人にはお勧めできる入浴法である。

スポンサード リンク

入浴中は消費カロリーが変動しない

入浴に関して調査がおこなわれたのだが、入浴中はあまりエネルギーが変動しないことが判明している。

お湯は熱がある。熱は体温を維持させるために必要なものなのだが、熱を発生させることで脂肪が燃焼される。しかしお湯は熱があるのだ。勘のよい人なら気づいたかもしれない。

お湯の熱により体温をそもそも上げなくてよい。つまり、自分自身が出すエネルギーを消費しなくてもよくなるというわけだ。自ら熱を上げることなく身体を保温することができるため脂肪燃焼効果の効率が悪くなる。

【PR】毎日のお風呂がスリミングタイム+【ミネラルバスパウダー】

まとめ 半身浴と全身浴は一長一短

お湯の熱さが体温をカバーしているためエネルギーの消費が少なくなる。そのためお風呂自体にダイエット効果は見込めないという考え方だ。

ただし、お風呂に入ることで少なからず消費エネルギーはあることもわかっている。完全にダイエット効果がないというわけではない。また、半身浴は全身浴よりも温度の関係から入浴時間を長くすることができ、身体の負担も少ない。汗を出すことでむくみ対策にも有効だ。

全身浴と半身浴は一長一短な部分がある。自分の体調をよく知り、入り方を変えてみるとよい。ひょっとすると半身浴ダイエット方法が言われているよりも自分に合う痩せるダイエット方法になるかもしれない。

【関連】高温反復浴の効果的なやり方と消費カロリーはどのくらい?

スポンサード リンク

-有酸素運動「運動」

Copyright© メモルームダイエット , 2020 All Rights Reserved.