痩せる食べ物

食べて痩せるピーガンダイエット方法の効果的な食材の選び方

この世には様々なダイエット方法が存在する。例えば「パレオダイエット」だ。パレオダイエットを知っているだろうか?このダイエット方法は、旧石器時代の食事を真似ることで痩せることを目指すやり方である。

旧石器時代といえば「ウホウホ」言っていた時代だ。当時の彼らは太っている暇などなかったはず。狩りに出かけたり、食べる量や質も制限を余儀なくされていた。そんな彼らの真似をすることで痩せることができると生み出されたのだ。

具体的には、「肉・魚・卵」をメインに摂取する。そして「野菜・果物・ナッツ類」を少しだけ食べる。「穀類・乳製品・加工食品・砂糖」などの調味料は一切口にしない。

当然だ。旧石器時代にはない、または簡単に手にすることが困難な食材である。食べたらいけないのだ。

A
ウホ!今日は牛の乳を飲むウホ!

B
ウホ!俺にも飲ませてほしいウホ!

A
もちろんウホ!僕らの家で牛を育てるのは便利ウホ!

こういうことにはなってはいない。ウホウホの時代である。

しかしこのダイエット方法には問題点があるとされている。パレオダイエットは肉などのタンパク質を食べ過ぎてしまうということがあげられる。要するに栄養が偏る可能性があるということ。

また、「野菜・果物・穀物・豆類」は食べるのだが、「肉・魚・卵・乳製品」などを一切食べない完全菜食主義のヴィーガンダイエットも、栄養素が十分に摂れない欠点がある。

そこで注目をされているのが「ピーガンダイエット」だ。

ピーガンダイエット方法とは?

肉を食べ野菜を減らし人口調味料を禁止にしたパレオダイエット。そして、野菜を食べ肉を一切禁止したヴィーガンダエイエット。

どちらも両極端なダイエット方法になる。それ故、栄養面で気を付ける必要があるのだ。これまで長期的にその食生活で問題がなかった人なら大丈夫だろう。後々の寿命や病気につながる恐れはあるのだが、現状的には身体がその食生活に慣れている可能性がある。

しかし、一般的な食生活の人が急に上記のダイエット方法を試すと身体がついていけずに身体を壊すことにつながりかねない。極端に環境を変えるやり方はダイエットに限らず身体にダメージを与えてしまうのだ。

本体
「美味しい!やっぱこのお肉最高だよね♪」


「おう!お肉を食べてエネルギーをつけろ!野菜も食べろよ!」

本体
「あー…、でも最近太ってきたから飲み物だけにする」

2日後…


「たのむ…、何か食べてくれ…、エネルギーがなくて危険だ…」

極端に環境が変わると身体がついていけなくなる。

そこで話題を呼んでいるのが、米国クリーブランド医療センターのマーク・ハイマン博士が考案した「ピーガンダイエット方法」と呼ばれるもの。

ピーガンダイエット方法は、パレオダイエットとヴィーガンダイエットを組み合わせたものになる。つまり、それぞれの食品群の中から最も栄養価のある食べ物を選んでいく。

「そっちか~」

思わず逆転の発想をされたときのような感覚に包まれた人も少なくないのではないだろうか?双方のいいとこどりをしたようなやり方になる。

両極端の食事故に栄養価で問題視されていた。そこを穴埋めする形で誕生したのがピーガンダイエットである。2つのダイエットのやり方よりも健康的に痩せることが可能になり、そして動物愛護の観点からも人気を集めている。

ピーガンダイエットで扱う効果的な食品と食材の選び方

ピーガンダイエット方法がどのようなものなのかはわかった。そうなると、次に知りたいのが痩せる食材選びである。いいとこどりのダイエット方法では、どの食品・食材を選択するのだろうか?

ピーガンダイエットで摂り入れる食品は「植物性食品全て」。

草は消化も早く身体によい。果物・野菜も含む。「オリーブ油・ナッツ類・シード類・アボカド」のような良質な脂質を摂っても構わない。オリーブも使えるのだ。オリーブオイルが三度の飯よりも好きな速水もこみちは歓喜である。

ここで大切なポイントがある。

肉を食べてもよいのだが、人口ではなく牧草食を食べて育った動物の100%赤肉を食べることが可能だということ。

人口餌には牛の生育を早くするための配合がされていることが多い。餌により牛を大きく太らせることも少なくないのだ。その一方で牧草を食べて育つ牛はマイペース。自然の育成本来のスピードで育つ。さらに大草原で育つため、運動量もありストレスも受けない。育て方で肉質に大きな違いがでやすくなる。

草を食べて育つ牛はヘルシーなのだ。

ただし、肉を食べるときには「付け合せ程度の量」にすることが大切だ。味わってゆっくりと食べよう。肉も食べることができるが、野菜の量を増やしたダイエット方法と考えておくとよい。

タンパク質では、「魚・卵・鶏・豆類」を調整して食べることが重要だ。また、「キヌア・雑穀・コーン・米」などのグルテンフリーは摂取可能。

「甘いものがすきなの~」

「お腹空いてもうたん、飴玉舐めたいわ~」

甘いものが食べたいときもある。そのときには少量の砂糖なら許可されている。2個くらいの飴玉なら大丈夫だろう。

逆に食べてはいけないものは何があるのだろうか?

  • 乳製品
  • グルテン

上記の食材は一切摂取の禁止だ。

肉・野菜・穀類を摂りながらバランスよく食生活を行うことで痩せる効果を発揮するのだが、カルシウムが不足しやすい。そのため、サプリメントで補うようにするとよい。

まとめ ピーガンダイエットはいいとこどりの痩せ方

ピーガンダイエット方法では、身体を健康に保ちながら体重を落としていく痩せ方になるのだが、コレステロール値も同時に抑えることができる。試してみるとよい。

【関連】ハンプトンダイエットの食べて痩せるやり方

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット