痩せる食べ物

紫芋で美味しく痩せるダイエット方法とは

汗だくの毎日を過ごし、暑い夏を超えると次にやってくるのは秋だ。秋といえば何を思い描くだろうか?

読書の秋

食欲の秋

紅葉が色づく美しい景色を眺めながら本を読む。最高ではないか。スマホにダウンロードした「名探偵コナン」を秋の空で読むのも良いかもしれない。しかし何かが違う。スマホではなく、本だからこそ感じられる時間があるのだ。

そんな秋に恋しくなるのは「あいつ」だ。

もはや「あいつ」しか考えられない。

のび太
「し~ず~か~ちゃん!遊ぼー!」

しずかちゃん
「あぁ…、のび太さん、今ちょっと忙しくて…」

しずかちゃんが恥ずかしそうに隠すときには決まって「あいつ」がいる。

そう、「芋」である。

しずかちゃんは芋が大好きなのだ。しかし芋が好きなことをバレたくない。女心とはそういうものだ。

この芋には種類があるのだが、その中に「紫色」をした芋も存在する。今回の主役である。実はその芋を食べることで痩せることができるというのだ。美味しく痩せることができると聞くと、ダイエッターは見逃すことが出来まい。

お芋で痩せるダイエット方法とは?

お芋は美味しい。美味しいと感じる時期は秋から冬にかけてではないだろうか?

集めた落ち葉の中にサツマイモを入れて焚き火をし、食べたことがある。漫画によく出てくる場面を実際に試して見たかった。

美味しい。

ホクホクとしたサツマイモが口の中に溢れ出す。「アツッアツッ」と言いながら食べるサツマイモ。

美味しい。

電子レンジ・蒸し焼き機・トースターでは味わない自然の味がそこにはある。甘くて食物繊維も豊富に含まれ腹持ちが良い。

食物繊維で便秘解消

お芋の食物繊維は豊富だ。「これでもか!」と言わんばかりの食物繊維の宝庫である。

食物繊維はダイエットに非常に重要な要素なのだが、その理由は便秘を改善・解消させるチカラを持っているからだ。身体の中に宿便が溜まると辛い。イライラしてしまう人もいる。

身体の中に不必要なものが残っていると、新陳代謝を悪くさせる。新陳代謝が悪くなると血行も悪化。臓器も活発に活動することができない。身体のサイクルが鈍化するため太りやすい体質になる。

最悪だ。

便秘はダイエットの天敵なのだ。

それをお芋の食物繊維が解消してくれる。美味しく健康になれる話がここにはある。

腹持ちが良いお芋

お芋は昔から食べられてきた。今ほど食材がない時代にもお芋が大活躍をしてくれた。戦争など大変な時代に空腹なお腹を支えてきた素晴らしい食材だ。

腹持ちが良い。

お芋を食べると満腹感を感じることができる。これはダイエットにおいて非常に有り難い食材だ。満腹感の持続時間が長いことで、暴飲暴食過食を防ぐ効果がある。

ついつい無駄に食べていたお菓子のもぐもぐタイムにストップをかけてくれる。この積み重ねで痩せることができるのだ。

紫芋のアントシアニン効果がダイエットに効く!

その美味しいサツマイモには豊富な品種があるのだが、紅色をした安納芋・こがね色の安納芋・紫色をした紫芋などだ。

その中でも「紫芋」のサツマイモは特に高いダイエット効果を持っている。

アントシアニンである。

紫イモにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれているのだが、実はこの成分が紫色の元になっている。

だがチョット待って欲しい。紫色をした食材は他にもある。例えば「ナス・ぶどう」だ。わざわざ紫芋を食べる必要があるのだろうか?

ある。

思い出して欲しい。ナス・ぶどうの紫色をした部分はどこだろうか?

「皮」の部分である。

つまり身の部分にはアントシアニンがあまり含まれていないのだ。

一方の紫芋はどうだろうか?皮をむくと「ド」がつくほどの紫色をした身が出迎えてくれる。中身に豊富なアントシアニンが含まれているのだ。

アントシアニンは、脂肪を溜め込むことを防ぐ働きがある。

人が食べ物を摂取すると、「α-グルコシダーゼ」と呼ばれる酵素が糖を分解し、ブドウ糖という形で吸収される。そしてエネルギーとして使われる。

この必要なエネルギーを超えて余ったものについては肝臓に運ばれ、中性脂肪になってしまうのだ。

そこでアントシアニンの出番だ。

アントシアニンの作用により、α-グルコシダーゼの働きを阻害し、糖が分解されずに吸収しにくくなる作用がある。

要するに紫芋を食べることで太りにくい体質にすることができるというわけだ。

まとめ 紫芋のアントシアニンで脂肪を抑制して痩せる

お芋は美味しい。秋に食べるお芋は風習を感じることができ、さらに旨味を増す。口に入れた瞬間に広がるホクホクとした食感がたまらない。そんなお芋でダイエットができるのだ。

お芋は満腹感を感じることができるため、暴飲暴食を防ぐ効果がある。食物繊維も豊富だ。

そのお芋のダイエット効果をさらに高めてくれるのが紫芋の持つアントシアニンである。糖分の吸収を抑制する効果がある。

【関連】さつまいもダイエット方法で失敗しない効果的な食べ方とは

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット