痩せる食べ物

キヌアの栄養と糖質は?ダイエットに効果的な食べ方レシピ

2019年1月27日

キヌアと呼ばれる食材を知っているだろうか?キヌアは最近になり日本でその名前を聞くことが多くなったのだが、約5000年前から存在する食材になる。

なぜ日本でキヌアが広まったかというとダイエットに効果が高いといわれているためだ。「ダイエットに効く」このワンフレーズで世の女性は放っておくはずがない。

瞬く間に世間に広まっていった。では、キヌアにはどのような痩せる効果があるのだろうか?

ダイエットに効果的なキヌアの効能とは

キヌアは別名「キノア」とも呼ばれているのだが、5000年ほど前のインカ帝国から栽培されている食材だ。南米のアンデス地方が原産の穀物になる。

日本の穀物で有名なのは「白米」だ。日本人の主食でもあるこの白米とインカ帝国で食べられていたキヌアの比較してみよう。

白米とキヌアの栄養素比較「栄養成分」

キヌアには豊富な栄養が含まれてのだが、栄養だけではない。その栄養価が高いことに注目がされている。次にあげられるのは白米との比較になる。

「キヌアは白米の~」

  • タンパク質 …2倍
  • 脂質 …5倍
  • カリウム …6倍
  • マグネシウム …7倍
  • 食物繊維 …9倍
  • カルシウム …10倍
  • リン …7倍
  • 鉄 …8倍

おわかりいただけただろうか?白米にも豊富な栄養素が含まれているためそれを主食にしている日本人は栄養を取ることができている。

しかしキヌアの栄養価は非常に高い。スカイツリーを超えてエベレストに到達するほど高いのだ。

それだけではない。

さらに食事でしか摂り込むことができないアミノ酸9種も含まれている。つまり白米を食べるよりも少量のキヌアを食べるほうが摂取量を減らしながら必要な栄養素を摂り入れることができるため効率的に痩せやすい。

キヌアダイエット方法の食べ方レシピ

では、具体的にスーパーフードのキヌアをどのようにして食べるとよいのだろうか?まずはキヌアの持つ痩せる効果を見ていこう。

食物繊維とタンパク質が豊富

キヌアには食物繊維・タンパク質が豊富に含まれている。満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐ効果がある。

また食物繊維は脂肪とコレステロールの吸収を抑える効果があり、腸内清浄化作用により便秘改善にも期待ができる。

タンパク質で筋肉を作り熱を発生させやすくすることで脂肪の燃焼効率を引き上げる。そして食物繊維で身体の中にある老廃物を身体の外に排出していく。バランスのよいダイエットが可能だ。

【関連】「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」食品の違い

低GI値の糖質で有利に痩せる

キヌアは穀物なのだが野菜と同じぐらいのGI値になる。GI(グリセミック指数)値とは、食材を食べることによりどのくらいの早さで血糖値が上昇するのかを表す指標を指している。

気になるのはGI値がどのくらいなのかということだ。

「名称 GI値」

  • 食パン …95
  • フランスパン …95
  • 精白米 …88
  • 餅 …85
  • ゴボウ …45
  • 玉ねぎ …30
  • トマト …30
  • 長ネギ …28
  • キャベツ …26
  • ピーマン …26
  • 大根 …26
  • ジャガイモ …90
  • 山芋 …75
  • とうもろこし …75
  • 長芋 …65

芋類はさすがにGI値が高く炭水化物と同レベルなのだが、一般的によく使用される野菜のGI値は低いことがわかる。

キヌアのGi値(糖質)は「35」

白米が「88」に対してキヌアは「35」である。ブルゾンちえみも喜んでいるに違いない。

「35億♪」。

急激な血糖値の上昇を回避することができるため脂肪が身体につきにくい食材なのだ。また糖尿病予防にも効果がある。

嬉しい低カロリー

雑穀米・白米などはカロリーが高めだ。しかしキヌアの炭水化物は低い量を示す。カロリーを抑えながら栄養素の高いキヌアにより健康面にも期待ができる食材になっている。

フェイエストロゲンで美容効果

「フェイエストロゲン」という言葉を知っているだろうか?なんとも言いにくい、そして舌を噛みそうな名称なのだが、キヌアに含まれる「フェイエストロゲン」には女性ホルモンと似た働きをする効果がある。

女性ホルモンは非常に重要だ。女性らしい丸みのある身体にする作用のほかにも、更年期症状の改善・肌、髪にツヤとハリをもたらす効果もあるのだ。

ダイエットをはじめたきっかけは多くの人がきれいになりたいからだと答える。きれいになるためには女性ホルモンが不可欠になる。

スーパーフード「キヌア」の使い方

キヌアには健康に痩せるための高い栄養素があることがわかった。効率的な食べ方は簡単だ。

キヌアを毎食のときに食べる。

しかし中には食感が合わない人もいるかもしれない。そのような場合には白米を少なくキヌア多めに混ぜるとよい。味に慣れてきたらキヌアの比率を増やしていく。

まとめ 低カロリーで高栄養のキヌア

キヌアには高い栄養素が含まれているのだが、低カロリーでもある。普段の白米をキヌア中心にかえることで痩せやすくなる。ただし食べ過ぎては意味がないため気を付ける必要がある。


キヌア(楽天市場)

【関連】ヘルシーな「ブッダボウル」でオシャレにダイエットする方法

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット