痩せる食べ物

菜の花ダイエットの栄養素は?効果的なやり方

2019年4月27日

春の花といえば何を思い浮かべるだろうか?暖かくなってきたこの季節に広がる黄色い草原。そう「菜の花」だ。菜の花畑は多くの人を魅了してやまない。

実は菜の花は食べることができる。

食用にもされている菜の花なのだがダイエットに効果があるというのだ。これまで菜の花は見て楽しむものだと思っていた人も多いと思うのだが、これからは見ながら食べて痩せる菜の花になるかもしれない。

菜の花ダイエット方法とは

春の風物詩である菜の花は多くの人を癒しの世界で包んでくれる。この菜の花には癒しだけではない。栄養も豊富に含まれている。

菜の花の痩せる栄養と効果

  • ビタミンA
    … 風邪予防・癌抑制
  • ビタミンB1
    … 疲労回復効果
  • ビタミンB2
    … 視力披露回復効果・新陳代謝の向上
  • ビタミンC
    … 美肌・美白効果
    (ほうれん草の約3倍)
  • 食物繊維
    … 腸内清浄・便秘改善

  • … βカロチン、鉄、カルシウム、カリウム

など

普段何気なく見ていた菜の花には、多くの健康・美容・ダイエット効果を含んでいることがわかる。菜の花畑を思い出して欲しい。黄色に広がる世界の中でなにか音が聞こえないだろうか?

「ブ~ン!ブンブンブ~ン!」

ミツバチだ。あちこちでミツバチが飛んでいる。ミツバチも知っているに違いない。菜の花には身体を健康に保つ栄養が豊富に含まれていることを。

特に「ビタミンB1の疲労回復効果」だ。ミツバチは働き者なのだが蜜を探すために飛び回る。もしも疲れたら女王蜂からお尻をペンペンされるかもしれない。

働き蜂の寿命は30日~140日とされている。短い命の中で多く蜜を運ぶ必要があるのだ。疲れている場合ではない。むしろ疲れるより怖いのは女王蜂のお尻ぺんぺんである。

「わたしビタミンB1で疲れ知らずだわ~♪蜜をたくさん運ばなきゃ!」

ちなみに働き蜂はすべてメス。一度に巣に運べる蜜の量も限られている。そのためミツバチは仲間同士でコミュニケーションをとり、集団で花の蜜がある場所に集まる。菜の花畑にはこうしてたくさんのミツバチでにぎわうのだ。

そんな菜の花には豊富な栄養成分が含まれていることがわかったのだが、ダイエットには嬉しい整陽作用・老廃物を体外に排出するデトックス効果がある

また、ビタミンCには血中コレステロールを下げる効果、メラニン色素の生成を抑制する美肌効果・コラーゲンを生成する美肌作用など美容に対しても効果が期待できる。

ダイエットはきれいに痩せることが大切だ。菜の花はそれに適している食材になる。

効果的に痩せる菜の花の食べ方「やり方」

菜の花には高い栄養成分が含まれていることがわかったのだが、効率よくその栄養を身体に吸収する方法がある。

それは花の開いているものではなく、栄養たっぷりのつぼみの菜の花を選ぶこと

つぼみはこれから花を開かせるために大量の栄養を蓄えている。つまり、開ききった花は栄養を使い果たした部分になる。効率的にダイエットや美容に活かすためには「つぼみ」の菜の花を摂取することが大切だ。

まとめ 菜の花はつぼみを食べる

菜の花を見て心が洗われる人も少なくない。癒しを求めることができるのだが、今度からは「よだれ」が出てくるかもしれない。自分で育てる菜の花も最高だろう。

菜の花を食べることで痩せながら美肌にすることができるのだ。菜の花のように美しくかわいらしい美スタイルになれるかもしれない。むしろそのまま菜の花になってしまうかもしれない。

【関連】旬な野菜で痩せる春夏秋冬の効果的なダイエットとは

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット