痩せる飲み物

塩レモンダイエットの効果的な作り方レシピ

2019年1月24日

レモンという言葉だけで唾液が分泌される人も少なくない。レモンを頭の中でイメージしてほしい。口の中からしだいに唾液がにじみだしてくるはずだ。脳裏にレモンの酸っぱさが焼き付いているのだ。

レモンには豊富なビタミンCが含まれているのだが、レモンに塩を加えることでダイエットの効果につなげることができるという。いったいどういうことなのだろうか?

塩レモンのダイエット方法とは

塩とレモンを足すことで痩せることができるこのダイエットは「塩レモンダイエット方法」と呼ばれている。やり方は非常に簡単だ。

レモンを丸ごと、あるいはカットして塩漬けにするだけ

一行でダイエットのやり方を説明することができるほど簡単なのである。シンプルなほうがわかりやすくてよい。

レモンにはビタミンCが豊富に含まれているのだが、その効果は美容につなげることができる。肌のハリ・ツヤがピチピチに蘇る可能性を秘めている栄養素になるためだ。

それだけではない。酸化を防ぐ抗酸化作用があるため活性酸素を抑制して老化予防を促す効果がある。レモンの力で肌をきれいにしながら痩せる体質にすることが可能だ。

クエン酸がエネルギーに変換される

塩レモンを作ると「クエン酸」ができる。クエン酸には糖質を効率よくエネルギーに変換する働きがある。

糖分・脂肪・タンパク質をエネルギーに変えるため栄養がエネルギーに変わりやすくなるのだ。

糖質がエネルギーに変わらなければ脂肪として蓄積されていく。太りやすい体質になるためダイエットではエネルギー効率を高めることが重要になる。

消化を促す

レモンを口の中に含める。すると口の中にあふれ出す唾液が止まらない。そのあふれ出す唾液でプールができる勢いだ。

絶対にそのプールでは泳ぎたくない。

すっぱい物を食べると唾液が分泌される。これはレモンも例外ではない。大量の唾液が分泌されるため消化酵素が糖分を分解しやすくなり消化をスムーズにしてくれるのだ。

そして唾液の分泌により虫歯予防にもつながる。

リモネンのリラックス効果

レモンの香りを嗅いだ瞬間、どのような気持ちになるだろうか?心地よい香りが身体を包み目を閉じるとお花畑が広がる。野に咲く花にはミツバチが踊り遠くからは川のせせらぎが聞こえてくる。

そこには癒しの空間が広がっているはずだ。塩レモンの香りを嗅ぐことでリラックス効果を感じることができる。交感神経を刺激することで身体によい作用を引き起こしてくれる。例えば食べ過ぎを予防することにもつながるのだ。

この他にも塩レモンは乳酸菌が腸内環境を整えることで便秘解消にも効果的だ。

塩レモンの痩せるダイエット効果とは

  • 抗酸化作用
  • 美肌
  • 消化の促進
  • 虫歯予防
  • 過食、暴食の抑制
  • 便秘解消、改善

など

塩レモンダイエットはレモンの効果を塩で引き立たせる相乗効果を狙うというもの。レモンの成分により美容効果にも期待ができる。

塩レモンダイエット方法は塩レモンだけを食べて痩せるのではない。料理の調味料として使うことで痩せようとする方法だ。

塩を過剰に摂りすぎるとむくみなどの太る原因につながる。健康にも悪い。そこで塩レモンのエキスを料理などに加えることで減塩効果を狙う。

作り方レシピ「保存期間・賞味期限」

「材料」

  • レモン …3個
  • 塩 …50g
  • 密閉出来る容器(瓶が好ましい)

「作り方」

  1. レモンを輪切りにする
  2. 保存容器に「塩→レモン→塩→レモン」の順でいれる
  3. 約一週間、冷蔵庫で保存
  4. 塩レモンのエキスが出てきたら完成

保存期間は3ヶ月が目安だ。

使い方はさまざま。ドレッシングに使用するのもよい。肉・魚にかけるのもよい。パスタなどにも活用できる。工夫次第で無限に広がる使い方ができる。

まとめ 塩とレモンの相乗効果で痩せる

レモンには多くのクエン酸含まれているのだが、クエン酸は糖質のエネルギーを活発化させる働きがある。糖質エネルギーは身体が使わないと脂肪にかわるため太る原因になる。

普段、過剰に摂取をしている塩の量を塩レモンエキスにかえることで塩の量を減らすことが可能だ。塩とレモンを瓶にいれることで発酵する。ほどよい酸味になった塩レモンエキスはさっぱりとした味わいに仕上がる。

塩レモンダイエット方法では肌質をよくしながら痩せることができ、作り方も簡単だ。手軽に試すことができる。




話題のクレンズジュース!短期ダイエットなら【マスタークレンズダイエット】


塩(楽天市場)


レモン(楽天市場)

【関連】レモン水ダイエット方法の効果と飲み過ぎには注意!

-痩せる飲み物

© 2020 メモルームダイエット