有酸素運動「運動」

トントン叩くだけのお手軽ダイエット方法とは

2019年4月8日

効果的に痩せるには運動がベストだ。運動をすることで筋肉が鍛えられる。筋肉は熱を発生させることができるため脂肪燃焼を効果的にする。

汗をかくと気持ちがよい。身体の循環がよくなるため気分も晴れ晴れする。しかし運動は疲れる動作だ。趣味で運動をしている人はそれを楽しみにしているためよいのだが、それ以外人にとっては苦痛に思えることも多い。

特にインドア派で運動が苦手な人は、運動系ダイエット方法を避けている人も多いのではないだろうか?

運動が得意な人が運動が苦手な人に「運動をしよう!」と言っても、すぐには乗ってこないことが多い。これまで育ってきた環境が違うため、急に環境が変わるようなことはしたがらない。これは人間の本能でもある。

運動が苦手な人に運動系のダイエットを進めても思うようにいかず、モチベーションが維持できずに諦めてしまう人も少なくない。

そこでお薦めなのが「トントンダイエット方法」である。

テレビを見ながら運動をすることができる。誰かと喋りながら運動をすることができる。リビング・ベッド・椅子の上、場所も必要としない。

運動下手な人でも続けることができる「トントンダイエット方法」とはいったいどのようなものなのだろうか?

トントンダイエット方法のやり方

「トントン♪」

この音を聞いただけで「肩たたき」を連想してしまう。「トントン」という効果音はなんだか懐かしいことを思い出させる、そんな気持ちにさせてくれる。

「おっかさ~ん」

麦畑で夕日に向かって叫びたくなる。そんな感じだ。

「ドンドン!」

「ト」に点々をつけるだけで恐怖の音に変貌する。イメージできるのは隣人の苦情である。ついついボリュームをあげて気持ち良く歌を歌ってしまった。すると壁の奥から悪魔の手が降りかかる。

「ドンドン!」

気持ち良く歌っていたその声はピタリと止まる。そして「シーン…」とした空しい時間が流れる。どうやら隣人にはBGMとして聞こえていなかったようだ。

「ドンドン」は勘弁してほしい。「トントン!」ならオッケーだ。では、トントンダイエット方法とはどのようなやり方で痩せていくのだろうか?

非常に簡単だ。

気になる腕・脚・お尻・太もも・腰回りなどを、手をグーにして「トントン」と叩くだけ

いつでもどこでも誰でもおこなうことができるダイエット方法だ。少しの時間があればダイエットをすることができる。家だけではなく外出先でも可能だ。

なぜ「トントン」するだけで痩せることができるのだろうか?トントンのイメージは癒し。つまり、癒されたことで身体の力が抜ける。それにより脂肪もダラ~ンとやる気を無くして身体から出ていく。そういうことなのだろうか?

脂肪
「はにゃ~ん…、トントンの響きが気持ちいいにゃ~…。ちからが抜けていくにゃ~…。身体の壁についていられないにゃ~…、身体の外に出ていってしまうにゃ~…」

いや、そういうことではない。手をグーにしてトントンと叩くことでリンパの流れをよくするのが目的だ。

リンパが滞っている部分を刺激することで緩んだ部分が引き締まる効果がある。筋肉が刺激により緊張するためだ。また、叩かれた部分の筋肉が刺激されるため代謝がアップする。

トントンダイエット方法の注意点

ポイントは軽くトントンすること。

「ドンドン!」は壁ドン!だけにしてもらいたい。ダイエットではソフトにトントンをしていく。強く叩いてしまうと純粋に痛い。逆効果になることもある。

また、生理前・生理中・妊娠中はトントンダイエット方法を辞めること。特にお腹付近を叩くのは辞める。

トントンとお腹を叩いて、お腹の赤ちゃんがトントンと叩き返してくれる。「まぁ、いい子ね」なんていう、メルヘンチックな展開は全く期待してしないのだ。むしろ危険なことになりかねない。

それは「トントン」の最上級「ポンポン」あるいは「ナデナデ」の出番だ。

まとめ いつでもトントンして筋肉を刺激する

トントンダイエット方法の嬉しいところは、場所や人を問わないこと。そして手軽に痩せることができること。

ただし、劇的な変化を望むことはできない。

身体に刺激を与えることで細胞を活性化させることはできるのだが、「体重が数十kg減った!」というような期待はしないほうがよい。食事関係のダイエット方法を加えておこなっていくとよい。

【関連】Eikoのストレッチ効果で痩せるやり方

スポンサード リンク

-有酸素運動「運動」

© 2020 メモルームダイエット