痩せる食べ物

豆腐アイスクリームの痩せる効果と作り方レシピ

2019年1月24日

  1. HOME >
  2. 痩せる食べ物 >

豆腐アイスクリームの痩せる効果と作り方レシピ

2019年1月24日

豆腐とアイスクリームを組み合わせると痩せることができる。アイスは子どもから大人まで幅広い層に支持されている食べ物だ。今日ではじつにさまざまなアイスの種類で溢れている。

美味しいアイスなのだが美味しいアイスは大抵の場合が砂糖・ミルクを多く使用して味付けを濃くしている。ダイエット中の人にとっては厄介だ。糖分が多いため太る可能性がある。

アイスが美味しいことはよく知っている。しかしここで食べてしまったらこれまでの努力がなくなってしまいかねない。アイスを食べても太らない都合のよい方法はないのだろうか?

そこで豆腐アイスだ。

ダイエット・美容では定評のある豆腐をアイスにすることで太ることを回避することができる。

豆腐をアイスクリームにして痩せる方法とは

豆腐がなぜ美容によい効果を与えるのかというと「イソフラボン」が豆腐に含まれているからだ。

大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」に似た化学構造とその働きをすることがわかっている。くびれのある体型やツヤのある髪質を維持するなど女性が女性であるために必要なホルモンが大豆イソフラボンで補うことができる。

中年になるとヒゲが生えてくる女性がいる。

そこで大豆イソフラボン!

中年になると髪が薄くなってきた。

そこで大豆イソフラボン!

年齢と共に女性ホルモンは少なくなるため減った分を補う必要がある。もちろん大豆イソフラボンを摂取したからといってすべてが思うようにいくとは限らない。例えば髪を育てるには亜鉛などの栄養もいる。大豆イソフラボンはその補助をしてくれる役割があるのだ。

そして豆腐の原料である大豆には豊富な栄養が含まれている。この栄養によりダイエット効果につなげることが可能だ。

【PR】Web限定30%OFF!女性にうれしい やわたのイソフラボン&ファイバー

スポンサード リンク

大豆に含まれる栄養素

  • ビタミンB1
  • ビタミンB6
  • カルシウム
  • ナイアシン
  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • 葉酸
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • マンガン

など

吸物椀に入っている量の豆腐は重さが23gとした場合、カロリーは約13kcalになる。食べ過ぎては太るもとになるのだが豆腐は基本的に低カロリーな食材だ。

ビタミンB郡は代謝と深い関係のある栄養素になる。代謝をあげることはダイエットにおいて非常に重要なことだ。代謝が低い状態では内臓機能も低下をしている。内臓が活発に動かないことで内臓脂肪がたまりやすくなる。

それだけではない。

身体の循環が悪くなっているため腸の蠕動運動も低下をすることで老廃物が身体の中に停滞する。便秘の原因につながるのだ。そして熱の発生効率が悪いため脂肪の燃焼効果も低下をする。

いかりや長介さんがいるなら必ずこういうだろう。

「だめだこりゃ~」

代謝を上げるにはビタミンB郡を摂るとよい。効率よくダイエットをすることができる。また、たんぱく質・カルシウム・食物繊維も豊富に含まれているため便秘の解消・改善には強い味方になってくれる食材だ。

豆腐アイスダイエットの効果

  • 食欲抑制
  • 中性脂肪削減
  • 基礎代謝の向上
  • カロリー摂取の低減
  • 女性ホルモンの正常化
  • 肌の乾燥を予防する美肌効果

豆腐アイスの作り方レシピ

豆腐には多くの痩せる効果があることがわかった。その豆腐とアイスをコラボレーションさせるのだ。一般的なアイスクリームは糖分を多く使用してる場合があるため太りやすい。豆腐を主原料に使うことで痩せやすいアイスに変換することができる。

ダイエット向き豆腐アイスの作り方レシピが次にあげられる。豆腐アイスは「牛乳・卵」を一切使用しないアイスだ。牛乳アレルギー持ちの人・卵アレルギー持ちの人でも安心して食べることができる。

豆腐アイスの作り方

  1. 豆腐をスプーンなどで潰す
  2. 生クリームを50mlほど加える
  3. 冷蔵庫に2時間ほど寝かせる
  4. 豆腐が固まったらお皿に移して完成

アイスクリームを作るとなると相当な手間がかかると思いがちなのだが、おわかりいただけただろうか?簡単すぎて大爆笑してしまう勢いだ。

A・Bだけでほとんどの工程が終わってしまう。手間はかからないダイエットは実行しやすいため大きなメリットになる。

また豆腐アイスの味が合わない人もいるかもしれない。脳が通常の甘いアイスを想像してると、口にいれた瞬間にあまりの味の違いで脳が混乱をしてしまうのだ。

どうしても味に慣れないときには味付けにきな粉・抹茶・ハチミツなどを振りかけてもよい。ただし味を付ける場合にはその分のカロリーも高くなるため注意が必要だ。

練乳などの高いカロリーをかけてしまうと意味がない。それは普通のアイスを食べているのと変わらないため気を付けよう。

まとめ 豆腐アイスでヘルシーに痩せる

豆腐アイスダイエット方法は豆腐の栄養を最大限に活かしながらアイスクリームを食べられないというストレスを緩和するのが狙いだ。

アイスを食べたい…。

アイスを食べたい…。

強く思う心がストレスをためてしまい、最後には暴飲暴食につながる恐れがある。ダイエットではいかにしてストレスをかけずに痩せることができるかがポイントの1つでもあるのだ。

【関連】夜に食べるだけ!高野豆腐ダイエット方法の効果とは

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット