痩せる食べ物

押し麦ダイエットの効果的な炊き方と食べ方レシピ

2019年1月25日

押し麦を食べているだろうか?それとも、もち麦を食べているだろうか?そもそも両者の違いはどこにあるのだろうか?

押し麦ダイエット方法が注目をされている。どのようなやり方で食べる量はどのくらいになるのだろうか?

痩せる効果のある押し麦とは

押し麦はどのようなものなのか見ていこう。

うるち性、大麦の外皮を取り除き加工する精麦が終わると、蒸気で加熱しながら柔らかくしていく。その後にローラーで平たくしたのが押し麦だ。

外皮を取られ加熱されたあげくローラーで潰されるのだ。押し麦は叫んでいるに違いない。

押し麦
「傷だらけのロ~ラ~」

では、なぜ加工をする必要があるのだろうか?外皮を外す工程をなくせば作業が効率的におこなえるはずだ。

その理由は、そのままの形だと水を思うように吸いこんでくれないためだ。外皮により水分をはじいてしまう。水分を含まない押し麦は料理で扱いにくいのだ。

例えば加工をしていない押し麦と白米を一緒に炊いたとする。すると米だけが先に炊けてしまい押し麦はまだ硬い状態になる。それを回避するためにはじめから料理に使いやすく調整をされている食材だ。

もち麦は押し麦と何が違うの?

押し麦に似たもので「もち麦」と呼ばれるものが存在する。

もち性の大麦を精麦したものになるのだが、押し麦のように「押す」工程はない。つまり厚みを残したままの状態だ。

工程を省くことでもち麦には歯ごたえ・食感が生まれる。プチプチ感やモチモチの食感は加工をする企業で調整することが可能だ。

【関連】もち麦ダイエット方法の効果的な食べ方

押し麦ダイエット方法とは

芸能人・モデルの間で注目をされている「押し麦ダイエット方法」がある。押し麦は栄養価が高いためダイエットに活用することができるのだ。詳しく見ていこう。

押し麦には多くの栄養が含まれているのだが「食物繊維・ビタミンB群・カリウム・カルシウム」はとくに豊富に含まれている。

実は麦は世界最古の穀物の1つと言われているのだが、古代エジプトのツタンカーメン王の墓から副葬品として納められた大麦も発見されている。昔から人の食を支えてきた大切な食べ物だったことがわかる。

ダイエットに向いている押し麦の栄養価は便秘改善に効果的!

  • 食物繊維
  • ビタミンB群
  • カリウム
  • カルシウム

食物繊維はダイエットの成功につながる非常に大切な役割をする。食物繊維を身体の中に摂り入れると腸に入る。腸の中には身体に必要ではない老廃物が溜まっていることも多い。

老廃物が溜まることで便秘をはじめ代謝の循環を悪化させるため脂肪燃焼効率も悪くなる。その結果、太りやすい体質になってしまうのだ。

食物繊維はこれらの弊害を取り除く力がある。腸に入った食物繊維は老廃物を絡め取りながら下へ下へ進んでいく。

腸にいる老廃物
「ちょ!待てよ!」

老廃物にとって居心地がよかったその場所に食物繊維が流れ込んできたことで追い出されてしまった。身体の中に余計なものがなくなったことで身体の機能が思う存分動けるようになる。やる気がでなかった内臓器官が活発に活動をはじめるのだ。

内臓
「あれ?なんだか動けるようになったぞ!?うひょおお!」

代謝が改善されることで血流の流れもよくなる。筋肉が熱を効率よく発することで脂肪をガンガン燃やしてくれる。痩せやすい体質に変わることができる。

そしてカリウムも身体の中にある余分な塩分を体外へ排出する大切な役割がある。余計な水分を外に出すことでむくみ予防に期待ができるのだ。皮膚の間に水が入りすぎると膨れているように見える。

押し麦を食べることでダイエットに関する効果は次にあげられる。

  • 食物繊維による便秘の改善
  • 血糖値の低下
  • βグルカンによるコレステロール抑制
  • ビタミンによる代謝アップ
  • 疲労回復

押し麦の炊き方と食べ方レシピ「食事量」

押し麦には身体の中をきれいにするダイエット効果があることがわかった。では、どのくらい食べるとよいのだろうか?その量を間違えると太ってしまう。

まずは炊き方だ。白米などに混ぜる形で一緒に炊くようにする。通常のご飯に入れて炊くだけだ。簡単すぎて笑えるのではないだろうか?

  1. 炊飯器にご飯をいれる
  2. 押し麦をいれる
  3. 炊飯器のスイッチを押す

たったこれだけだ。大爆笑をしてもよい。笑うことは幸せホルモンを分泌させることにつながる。気持ちよく痩せるにはたくさん笑うことが大切なのだ。

しかし笑ってばかりはいられない。大切なのはその量である。

白米の量の1~2割が目安になる。

押し麦のカロリー 340kcal(100g)になるのだが、白米よりも若干少ない程度。ついつい白米にプラスをする形で投入してしまいがちだ。入れ過ぎず少な過ぎずに気をつける。

そして満腹感を感じるには満腹中枢を刺激することが大切になる。満腹中枢が刺激をされて脳に満腹だという信号をおくるには20分ほどかかるといわれてる。ゆっくりとよく噛んで食べることが重要である。

また、押し麦は炭水化物。

早食いをしてしまうと糖質により血糖値を急上昇させてしまう。血糖値が急に上がるとインスリンを大量に分泌することから脂肪が蓄積されやすくなる。それを回避するためにもゆっくりとよく噛んで食べることが大切だ。

まとめ 古代の麦を現代のダイエットで活かす

押し麦はスーパーで手軽に購入できる食材だ。そしてそのダイエット方法も簡単にすることができる。混ぜるだけである。

効果的に食べるには満腹中枢を刺激することが重要だ。ゆっくりとよく噛んで食べるとよい。


国産 胚芽押麦(楽天市場)


西田精麦 押麦(楽天市場)

【関連】もち麦ダイエット方法の効果的な食べ方

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット