痩せる食べ物

ヨーグルトダイエットの効果的に痩せるやり方とおすすめの食べ方

2019年1月31日

  1. HOME >
  2. 痩せる食べ物 >

ヨーグルトダイエットの効果的に痩せるやり方とおすすめの食べ方

2019年1月31日

ヨーグルトを毎日食べているだろうか?ヨーグルトは身体によい効果を与えてくれるため積極的に摂取している人も少なくない。実はこのヨーグルトはダイエットにも効果的に作用する力がある。

健康によいことでも知られているのだが、ヨーグルトのどこに痩せる秘密が隠されているのだろうか?

ヨーグルトダイエット方法の効果的なやり方

ヨーグルトを食べることで痩せる効果につなげることができるヨーグルトダイエット方法なのだが、毎日ヨーグルトを食べることにより整腸作用を促すことで痩せやすい体質を作ることができる。

気になるのはヨーグルトの成分だ。

ヨーグルトの成分には「タンパク質・カルシウム・アミノ酸・脂肪を分解してエネルギーに変えるビタミンB2」などが豊富に含まれている。身体に優しい栄養素が豊富だ。

ヨーグルトをスプーンですくい口の中に入れる。口の中で溶けるように喉の奥へ入っていくヨーグルトはまるで白い台地に設置されているスキージャンプ台を華麗に飛んでいく選手のようである。

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を加えた発酵食品になる。最大の特徴は善玉菌と呼ばれる乳酸菌があること。この乳酸菌がダイエットによい効果を与えてくれる。

乳酸菌の痩せるチカラとは

気になるのはその乳酸菌の実力である。

乳酸菌は人の腸内に住んでいるのだが、糖類を栄養源にして腸に刺激を与える。寝ている腸にも「起きなさい!」と促してくれるのだ。この刺激により目を覚ました腸が動き出す。その結果、便秘改善・解消につながると期待されている。

内蔵脂肪は内蔵が活発に活動することで脂肪が燃焼されるのだが腸も同じだ。腸が活発に活動することで身体の深部の運動量が増える。効率よく基礎代謝量が向上するため痩せやすい体質に変わることができる。

【関連】ヨーグルトの乳酸菌を腸まで届かせる効果的な方法

スポンサード リンク

食事前?食後?ヨーグルトを食べるベストな時間は?「食べ方」

では、どのタイミングでヨーグルトを食べると効果的に痩せることができるのだろうか?

食前だ。

食べる時期(時間)は食前に食べるとよい。食事をする前に食べることにより満腹感を与えることが出来る。全体の食事量も少なく抑えることができる。

空腹を感じているときにいきなり本食を食べてしまうと早食いになりやすく血糖値が上昇しやすい。インスリンが分泌されて太りやすくなってしまう。そして満腹中枢が刺激されるまで20分程度はかかるのだが、満腹を感じるまでに食べ終わってしまうため「おかわり」をしやすくなるのだ。

食前にヨーグルトを食べることで本食の前に胃に食べ物が入ることになる。このことで血糖値を緩やかに上げることができ満腹中枢が刺激される。

では食後はどうだろうか?

便秘改善のためにヨーグルトを食べる場合は胃酸が弱まっている食後が効果的になる。乳酸菌が胃酸に影響されにくくなり腸へ効率よく運ぶことができる。

便秘はダイエットの天敵だ。老廃物を排出しなければきれいに痩せることはできない。また美容にも悪影響を与える。ヨーグルトを食後に食べると便秘を改善することができるのだ。

  • 過食、暴食を防ぐ
    ⇒ 食前
  • 便秘改善
    ⇒ 食後

ヨーグルトダイエット方法で効率的に食べるタイミングは食前?食後?結局のところどっちともダイエットに効果的だ。目的にあう痩せ方でタイミングを決めるとよい。

【PR】乳酸菌&酵母のケフィア種菌【ケフラン】

まとめ ヨーグルトが腸を元気にして効く

ヨーグルトに含まれる乳酸菌によりダイエット効果をもたらすことができる。しかしカロリーが意外と高い食品になるのだ。

一般的なスプーンで無糖ヨーグルトは6kcalほど、ブルガリアヨーグルトは62kcal以上ある。可能な限り味付けのない無印のヨーグルトを選ぶとよい。

カロリーの摂り過ぎは脂肪が付く原因になる。普段の食事量を減らすか、過剰に摂取をしないように気を付けよう。

【関連】ホットヨーグルトを朝に食べるとダイエットに効果的【作り方】

スポンサード リンク

-痩せる食べ物

© 2020 メモルームダイエット