有酸素運動「運動」

めん棒で痩せるゾーンセラピーダイエット方法の効果的なやり方

  1. HOME >
  2. 有酸素運動「運動」 >

めん棒で痩せるゾーンセラピーダイエット方法の効果的なやり方

ストレス社会で生きる現代人。彼ら・彼女らは癒しを求めている。癒しを探すことができない人は次々とストレスを解消するために食に走ることもある。

爆食いだ。

一度爆食いの世界に入っていまうと止まらない。ストレスを受けた身体、そして食べることで満足してしまう。つまり脳が「食べる=快感」だと錯覚してしまうのだ。

止まらない。

そして太る。

ストレスの怖いところは健康を害することだけではない。ダイエットにおいてもマイナスに傾けてしまうところにある。

そこで食べること以外で身体を満足させる効果のある「ゾーンセラピー」に注目しよう。実はゾーンセラピーと「ある物」を使うことで、癒されながらダイエットで痩せることが可能なのだ。そのある物とは「めん棒」である。

めん棒で痩せるゾーンセラピーダイエットの気持ちいい世界

ゾーンセラピーで痩せるために用いるアイテムは「めん棒」だ。

JK A
「わたし最近、耳がすぐ汚れるの。だからほら♪めん棒!」

JK B
「わかる~!超わかる~!めん棒まじ最高!まじ卍~!」

そこのJKさんたち、綿棒ではない。めん棒の話である。蕎麦やうどんを作るときに使用する「めん棒」だ。


(出典:jp.images-monotaro.com)

ゾーンセラピーダイエットのやり方は至ってシンプル。シンプル過ぎてへそで茶を沸かすほどの勢いだ。

めん棒を使い足裏をもんだり、手足をマッサージするだけ。

実にシンプルである。しかし、効果的に痩せるゾーンセラピーにはポイントがあることを忘れてはいけない。癒しを求めるセラピーが基本になるため、気分を落ち込む感情を可能な限り排除しなければならない。

  • 体重計には乗らないこと
    体重の変化に一喜一憂しない
  • 食事制限をしないこと
    無理に我慢しないのがリバウンドを防ぐ
  • 運動をしないこと
    堅太り(筋肉と脂肪の間にある固い贅肉は落ちにくい。筋肉が付くような運動はしない)
スポンサード リンク

食事制限・運動もしないのに痩せる理由

ちょっと待ってほしい。

身体についた余計な脂肪を落とすには熱を出して燃焼させる必要がある。その熱を発生させるには筋肉が必要だ。しかし筋肉をつけることは必要ないというダイエット方法なのだ。ましてや食事制限すらもしなくてよいというのだ。

まさに癒しのセラピー。

だが、癒されるだけでは意味がない。癒しだけを求めるのならディズニーの物語やジブリの物語の世界に入り込み、森の中で小鳥の「チュンチュン」という可愛いらしい鳴き声を聞いていればよいのだ。小さな滝もあれば最高の癒しになる。

マイナスイオンパワーである。

しかしこれは癒されながら痩せるダイエットを目的にしたもの。本当に運動も食事制限もせずに痩せることができるのだろうか?

マッサージで老廃物を押し出す

猿から進化した人は二本足で立てるようになった。立つことで木に登らずに遠くまで見ることが可能になった。遠くを見ることができるメリットは大きい。いち早く敵を見つけることができればすぐに逃げることができる。遠くにある木の実などの食べ物も探しやすい。

しかしその反面、足は重力などの影響により老廃物が溜まりやすくなってしまった。セルライトなどにより、何もしないと足が太くなりやすくなってしまったのだ。「ウホウホ」言っていた時代ならまだよい。「美」の意識がなかったからだ。現代は「大根脚」との単語まで登場する過酷な時代だ。

これは何とかしなければいけない。

そこでめん棒の登場だ。めん棒を使いマッサージをすることで、足に刺激を与える。その結果、セルライトや脂肪を血液に戻りやすくすることができる。

マッサージをして柔らかくすると代謝が向上。むくみ・冷え性・内臓機能を整えることに繋がり痩せるという仕組みだ。

痩せるマッサージの効果的なやり方

  1. めん棒を下に置く
  2. 「1」の上に足を乗せて体重をかけながらめん棒を転がそう。
  3. 足首の甲上でゆっくりとめん棒を転がしながら動かしていく
  4. ふくらはぎの部分は下から上に向かって強めにめん棒を移動させる。
  5. 太ももの内側と外側を下から上へマッサージする。

※「2」:痛い所がある場合、そこには老廃物が溜まっている可能性がある。マッサージを続けることでこの痛みも消えていくため、最初は我慢。ただし無理は禁物だ。

※「4」:ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれており、血液のポンプの役割をしているため効果あり。ただ、「ふくらはぎをマッサージしないほうがよい」と一部で言われている。その理由はふくらはぎに溜まっている老廃物がいっきに流れることで血管を詰まらせる危険があるというものだ。ふくらはぎをマッサージして血行がよくなり痩せたという声はよく聞くのだが、老廃物で危険なことになったという実際の話は聞いたことがない。どうしても気になる場合には「強め」ではなく、自分の体調を見極めながら「弱」からはじめてみるとよい。

※「5」:このときにひざを軽く曲げたりするのがポイントだ。マッサージした部分が温かくなるまで続ける。

ソーンセラピーダイエットマッサージの注意点

  • 食後30分以内はマッサージをしないこと
  • 妊娠中や怪我のある人は避けること
  • めん棒の滑りをよくするため、スパッツやタイツなどをできれば着用すること
  • マッサージの後は十分に水分補給をすること
  • 入浴後などカラダが温まったときに行うのが効果的
  • 適度な力でマッサージをすること

何事をやり過ぎは逆効果に繋がる。大切なことは継続をすることなのだ。

まとめ めん棒のマッサージで代謝をアップして痩せる

力を入れすぎるとアザになるかもしれないため気を付けよう。また、セルライトが刺激されることで皮膚が変色する場合があるのだが、3日ほどで消える。消えるまで時間が経つ場合にはダイエットを一時中断して様子をみよう。

ゾーンセラピーダイエット方法は「ながらダイエット」が可能だ。テレビを見ながらでも痩せることができる簡単ダイエット法になる。

【関連】足指を広げるだけで痩せるダイエットのやり方

スポンサード リンク

-有酸素運動「運動」

© 2020 メモルームダイエット